ヨネックスは新しいストリンギングマシン「PRECISION(プレシジョン)9.0」を1月20日に開幕するオーストラリアン・オープンから使用開始し、3月下旬(海外は5月下旬)から一般発売する。世界各地のさまざまな大会で活躍する確かな技術と経験を持つヨネックス・ストリンギングチームもこの製品を使用し、プレーヤーたちをサポートしていく予定。

PRECISION9.0|主な使用予定大会

テニス:オーストラリアン・オープン、上海マスターズ、東レ パンパシフィックオープン、楽天ジャパンオープン

ソフトテニス:アジア選手権、天皇賜杯・皇后賜杯全日本ソフトテニス選手権

バドミントン:世界選手権、トマス・ユーバ杯、スディルマンカップ、ダイハツ・ヨネックスジャパンオープンを含む同社協賛ワールドツアー

 ヨネックスは、テニス、ソフトテニス、バドミントンのラケットにストリングを正確に張ることができるストリンギングマシンを国内自社工場で製造している。ストリンギング作業を担うストリンガーたちは、選手の要望通りに1本1本を正確に張る精密さを求められ、大きな大会になると6000本近く(※)のストリングをラケットに張ることもある。

 今回、発売される「PRECISION 9.0」は、そうした要望に応えられるストリンギングマシンだ。ストリンガーの作業負担を軽減し、より精密なストリンギングを可能にする新機能と新設計を採用、選手たちのパフォーマンスを高めることを目的に開発された。

 これまで作業時に手動でロックを掛けていたターンテーブル(ラケットを固定し任意の位置に回転できる装置)をオートロック化し、電動で作業台の高さを調整できる機能等を採用。ボタンを大型化するなど使い勝手を見直した設計や機能を盛り込んでいる。さまざまな種類のストリングをやさしくしっかりとつかむ部品(クランプ)の採用に、ターンテーブルへのストリングの引っ掛かりを防ぐ凹凸の少ない形状を用いて、より精密なストリンギングを可能にしている。

※補足◎2019年のオーストラリアン・オープンでの作業実績より算出(ストリンガー20名、大会期間約30日)

PRECISION(プレシジョン)9.0|製品概要

製品名◎PRECISION 9.0(プレシジョン9.0)テニス、ソフトテニス、バドミントン共通仕様(※)
カラー◎ブラック/ミント
付属品◎張り工具、ナイロンカバー
使用電源◎AC100V~240V、50/60Hz
消費電力◎ユニット:200W、メインポスト:300W
大きさ◎幅1020mm×奥行660mm×高さ1070~1370mm
重量◎約73kg
価格◎オープン価格
発売時期◎2020年3月下旬
※補足◎テニス専用、バドミントン専用仕様もある

This article is a sponsored article by
''.