男女各48校が日本一の称号を目指し、博多の森に集結する。仲間の支えを背に、コートに降り立つ7名の選手たち。シングルス3本、ダブルス2本の5ポイント制が生み出す数々のドラマが、今年も繰り広げられる。ここでは、3月21日から試合が始まる高校センバツ出場を決めた、女子シード校キャプテンの決意を紹介しよう。【2020年4月号掲載】

相生学院(兵庫)/穴田琴音

「相生学院は丸尾コーチの、ときに優しく、ときに厳しいご指導のもと、日々練習に励んでいます。相生学院の目標は、男女アベック2連覇です。この目標は、とても簡単なことではありませんが、先輩方から受け継いだ連覇を、後輩につなげられるように一生懸命全員で勝ちにいきます。私たちのチームは、個性豊かで笑顔が絶えないチームです。全国の舞台でも、毎日きつい練習を全員で乗り越えてきた団結力を生かして、必ず頂点を獲ります」

浦和麗明(埼玉)/伊藤汐里

「夏のインターハイ団体では2回戦負けという悔しい結果に終わってしまったので、春の選抜でリベンジしようという強い思いをもって練習しています。関東大会では、チームワークの良さを生かして厳しい戦いを勝ち抜き、初優勝することができました。今大会、第2シードということに自信を持ちつつ、チャレンジャー精神を忘れずに自分たちらしく、優勝目指して頑張ります」

野田学園(山口)/牛尾真夕

「昨年の選抜は非常に悔しい結果となりました。昨年と同じことを繰り返さないようにと、全員で日々考えて練習に取り組んできました。また練習だけでなく、生活も共にしている分、チームの団結力はほかの学校よりも強いと自負しています。野田学園はマネージャーはおらず、全員が選手として毎日ひたむきにテニスと向き合っています。だからこそ今回の選抜は、誰一人として欠けることなく、一試合一試合全力で戦い抜き、メンバーだけでなく応援も含め、全員で優勝をつかみにいきます。また、毎日熱心に指導してくださるコーチ、遠くから応援してくれている両親、そのほかさまざまな支えとなっている方々への感謝の気持ちを持ち、野田学園であるという誇りをもって、最後まで全力でプレーします」

沖縄尚学(沖縄)/山本未来

「昨年の全国選抜を経験して、そのときは3年生の先輩方に引っ張ってもらいました。今年は、私が最上級生でもあり、キャプテンとして試合で粘り強く思いきったプレーをして、チームの雰囲気を盛り上げ、緊張している1年生を引っ張っていけるようにしたいです。私たちは普段から元気で明るいチームなので、それを最大限に生かせるようにし、いつも指導してくださる先生方や支えてくださる家族に感謝して、気持ちの入った団体戦にしたいです。昨年はあと一歩というところで負けてしまい、悔しい思いをしました。今年は、昨年達成できなかった全国優勝を目指して、一つひとつ確実に勝っていけるようにしたいです」

東京学館船橋(千葉)/佐藤由依

「私自身、昨年に続き全国選抜高校テニス大会という大きな舞台に出場できることが決まり、とてもうれしいです。全国大会の団体戦ではベスト8という大きな壁を乗り越えられず、また今回の関東選抜では優勝にあと一歩届かず準優勝という悔しい結果に終わってしまいました。この悔しさを胸に、一人ひとりが“優勝するぞ!!”という強い気持ちを持って戦います。次は悔いのない結果を残して、最後にはみな笑顔で終われるよう頑張ります」

松商学園(長野)/横森夢海

「目標は優勝です。そのために今まで部員全員で切磋琢磨しながら頑張ってきました。顧問の先生をはじめ、たくさんの人に支えてもらい、ここまで来れたことへの感謝の気持ちを胸に、精いっぱい最後まで諦めずに部員全員で戦い抜きます」

四日市商業(三重)/大田未空

「私たちは昨年ベスト8という結果で悔しい思いをしたので、今年こそ優勝して、三重県に優勝旗を持って帰りたいです。そのためにも日頃からハードな練習に取り組んでいます。辛いと思うこともありますが、全国優勝のためにみんなで励まし合いながら頑張っています。四商テニス部は、一人ひとりが個性を持っていて、元気のあるチームです。東海地区大会では、これらをうまく生かして、いい形で優勝することができました。四商らしいプレーをできるように、またプレッシャーにも負けず、思い切ったテニスを心がけて、一戦一戦頑張ります」

岡山学芸館(岡山)/齋藤優寧

「インターハイは準々決勝で相生学院に悔しい敗戦を喫しました。そのときのメンバーがそのまま残り、今回の選抜を迎えます。新しいメンバーも加わり、9名で、そして応援メンバーも含め、総力を挙げて戦います。苦しい場面も多々あると思いますが、しっかりと乗り越えて頂点を目指します」


This article is a sponsored article by
''.