グラウンドストローク練習Part1では、フォアハンドストロークの“正確性” を伴った “パワー” を手に入れるために、“下半身の安定” と “胸椎の回旋” をトレーニングしました。
Part2では、Part1で習得した動作とテクニックをリターンに取り入れてみました。
Part3では、リターン練習の中に少し面白い要素を取り入れることで、変換能力(コーディネーション能力の1つ)も同時にトレーニングするメニューを紹介したいと思います。

※変換能力とは
状況変化に応じて、動きを切り替える予測能力

テニスのレベルが上がれば上がるほど、瞬時に状況を判断して状況に合った動きに切り替える変換能力が必要とされます。そのため、できるだけゴールデンエイジにこんな練習を取り入れると効果的です。

もちろん大人の方も挑戦してみてください^_^
やったことがないことを成功する瞬間はとても楽しいものです。

工夫だ未来のトッププレーヤーたち^_^

【みんラボ】駒田研究員のグラウンドストローク練習Part3 (リターン練習&コーディネーショントレーニング)

画像: 【みんラボ】駒田研究員のグラウンドストローク練習Part3(リターン練習&コーディネーショントレーニング) youtu.be

【みんラボ】駒田研究員のグラウンドストローク練習Part3(リターン練習&コーディネーショントレーニング)

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.