最近、おうち時間の楽しみで映画を見ています( ^ω^ )
今日は綾瀬はるかさん、松坂桃李さん主演の「万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-」を見て、昨年のフレンチオープンの時に見たモナリザを思い出しました。

思ったより小さかった!

たくさんの人だかりの中にポツンと1枚のモナリザが展示されていて、最初見た感想は「小さい」でした(笑)
それでもなんだか引き寄せられる絵画で、少し異様な感じもしましたね。
色んな説があるモナリザを生で観ることができて良かったです!

画像: 思ったより小さかった!

壮大な敷地面積の美術館

世界3大美術館のひとつのルーブル美術館ですが、総面積6万平方メートル(東京ドームの約1.5倍)で、約38万点の作品が所蔵されており、それはもうかなりの広さでした。
主要な展示物をメインに絞りましたが、それでも3時間くらいかかりました。
美術作品に詳しい方など、もっとじっくり観たい方は1日いても楽しい場所だと思います。

画像: ルーブルのよく観る場所ですね。

ルーブルのよく観る場所ですね。

歴史に触れること

僕は美術作品自体には詳しくないのですが、美術館や歴史的建造物などは好きでよく行きます。
館内を歩きながら作品、歴史に触れることで心にゆとりがうまれるのと、どうやってこんなものを当時の技術で作ることができたのかなど驚きがたくさんあります。
そして、時間がゆっくりと流れているように感じる「空間」がたまらなく好きです。
選手たちとの遠征でも、できる限りその国の歴史に触れるようにしています。

まだまだ知らないことに触れてみたいですね。

画像: 母と行ってきました!

母と行ってきました!

画像: 戦いの勝利を祝福する女神「サモトラケのニケ」 頭部がない存在感!

戦いの勝利を祝福する女神「サモトラケのニケ」
頭部がない存在感!

画像: まだまだ知らないことに触れてみたいですね。

This article is a sponsored article by
''.