「新会場はよりスペースがある」マイアミ・オープンのドルフィン・スタジアム行きが確定

 マイアミ・オープン・テニス・トーナメントは、マイアミ・ドルフィンズ・スタジアムに会場を移す許可を取りつけた。キックオフは、2019年大会からという予定になっている。

 マイアミ・デイド・カウンティの委員会は、火曜日に満場一致で可決した。おかげで短期間起きていた難局は終わり、大会は長年のホームだったキービスケーンから去ることを許された。

 現会場が絵になる美しい島だとしたら、新会場のある場所は美的とは言い難い、ただの郊外の町かもしれない。しかし新会場のマイアミ・ドルフィンズ・スタジアム内には1万3800席のショー・コートを、ほかに最大5042人を収容できる29の常設コートを備える予定となっている。

 大会のオーナーであるIMGは水曜日、新会場は、選手、ファンのためのより広いスペース、より大きな駐車場を備えており、施設の設備、快適さも上だとコメントした。新会場は、現会場キービスケーンより、18マイル北にある。

 新しいテニス施設の建設は間もなく開始する予定で、推定費用は5000万ドルを超える。アメフトの駐車場に使われてきたグラウンドレベルに、多くの改築工事が行われることになる。全体的観客収容数は、現在の2万5062から3万2474に増加する予定で、練習コートにも5660席が設けられる。またより整った照明施設のおかげで、過去よりも多くのナイトマッチが可能となる。

 スタジアム・コートには、常設の席と臨時に設置される席があり、使われないアメフトの席をスクリーンが隠すことになる。

 またパーキングの数は2倍になり、会場に隣接。グラウンド・コートのエリアには、ファンたちが巨大ビデオスクリーンを楽しめる『テニス・オアシス』なるものが設けられる。

 スタジアムの所有者でもあるドルフィンズのオーナー、ステファン・ロスは、昨春、大会を南フロリダにとどめたいという理由から、テニスの施設に喜んで投資する心づもりがある、と話していた。その後、ドルフィンズはIMG、そして地方政府と合意に達した。

「世界的エンターテイメントの大会であるマイアミ・オープンが、我々の地区にとどまることに、すごくワクワクしている」と、ロスは声明文の中で言った。

 一方、IMGの副社長マーク・シャピロ氏は、「マイアミ・オープンはマイアミに所属する」と言った。

 2015年、高等裁判所の判決により、キービスケーンをアップグレードするための改装工事が却下されたため、大会の未来が疑問に付された。大会が南フロリダから去り、南米、あるいは中国などを含む別の場所に移転するという推測も流れた。

「マイアミ・オープンは私の記憶にある限り、非常に長い間マイアミの文化の一部であり続けてきた」と、キービスケーンで8度優勝した経験を持つセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は、やはり声明文の中で述べている。「私は、マイアミ・オープンが本来所属する場所であるマイアミに留まることを、非常にうれしく思う」。

 2018年3月19日に始まる第32回マイアミ・オープンが、キービスケーンで行われる最後の大会となる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は2017年マイアミ・オープンの男子シングルス決勝が行われたクランドン・パーク・テニス・センターのセンターコート
KEY BISCAYNE, FL - APRIL 02: A general view of the match between Roger Federer of Switzerland against Rafael Nadal of Spain during the Men's Final and day 14 of the Miami Open at Crandon Park Tennis Center on April 2, 2017 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Al Bello/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録