ボンドルソバが新型コロナ陽性でオストラバの大会を欠場

※写真はローマの大会でのマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「J&T銀行オストラバ・オープン」(WTAプレミア/チェコ・オストラバ/10月19~25日/賞金総額52万8500ドル/室内ハードコート)が金曜日に大会公式SNSを更新し、新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性と診断されたマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)が欠場することになったことを発表した。
 
 ボンドルソバは自身のインスタグラムを通し、「残念ながら私は今朝受けたウイルス検査で陽性だったので、大会を欠場しなければならなくなりました。非常にタイミングが悪く、参加できなくなるのは悲しいです」と報告し、今のところ体調には問題がないと説明した。

 大会側はそのほかに、ペトラ・クビトバ(チェコ)が疲労の蓄積を理由に出場を取り消したことを明かした。(テニスマガジン)

※写真はローマの大会でのマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)(Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images