エバンズがマッチポイントを凌いでハチャノフに勝利、4強が出揃う [ヨーロピアン・オープン]

写真は6月にイギリス・ロンドンで行われたエキシビション大会でのダニエル・エバンズ(イギリス)(Getty Images)

ATPツアー公式戦の「ヨーロピアン・オープン」(ATP250/ベルギー・アントワープ/10月19~25日/賞金総額47万2590ユーロ/室内ハードコート)の男子シングルス準々決勝が行われ、第4シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、第8シードのアレックス・デミノー(オーストラリア)、ダニエル・エバンズ(イギリス)、ユーゴ・アンベール(フランス)がベスト4に駒を進めた。

 デミノーが予選勝者のマルコス・ギロン(アメリカ)を6-3 6-0で、エバンズが第3シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)を3-6 7-6(7) 6-4で、アンベールが予選勝者のロイド・ハリス(南アフリカ)を6-3 7-6(2)で下し、ディミトロフは第5シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が腹筋の張りを訴えて棄権したため不戦勝で勝ち上がった。

 第1セットを落としたエバンズは第2セットのタイブレークで5-6とマッチポイントを握られたが、そのピンチを凌いで最終的に2時間40分の接戦を制した。

 準決勝では、ディミトロフがデミノーと、エバンズはアンベールと対戦する。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images