白石光(早稲田大2年)と阿部宏美(筑波大2年)が優勝、阿部は単複2冠 [2020インカレ]

写真はシングルス優勝の白石光(早稲田大学2年/右)と阿部宏美(筑波大学2年)(撮影◎松村真行 / MASAYUKI MATSUMURA)

全日本学生テニス連盟が主催する「2020年度全日本学生テニス選手権大会(男子88回/女子64回)」(三重県四日市市・四日市テニスセンター/11月17~24日/ハードコート)は大会最終日を迎え、男女単複の決勝が行われた。

 男子シングルス決勝は第5シードの白石光(早稲田大学2年)が第3シードの田形諒平(筑波大学3年)を6-3 5-7 6-2で、女子シングルス決勝は第6シードの阿部宏美(筑波大学2年)が第9シードの伊藤日和(同志社大学3年)を6-0 6-0で下し、それぞれ優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は第2シードの岡垣光祐/柚木武(法政大学4年/4年)が田形/弘光慎太郎(筑波大学3年)を6-2 7-5で、女子ダブルス決勝は阿部/川出莉子(筑波大学1年)が第8シードの堺愛結/田中菜冴美(姫路大学4年/2年)を7-5 7-5で倒してタイトルを獲得。阿部は単複2冠を達成した。

 今年の全日本学生テニス選手権大会は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で規模を縮小し、予選を中止して本戦(男女シングルス各96ドロー、男女ダブルス各48ドロー)のみとなった。

 試合方法についても変更が加えられ、シングルスは全試合ベスト・オブ・3セットマッチから4回戦まではファイナルセット10ポイントマッチタイブレークに、ダブルスはファイナルセット10ポイントマッチタイブレークでノーアドバンテージ方式が採用された。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス決勝

○73白石光(早稲田大学2年)[5] 6-3 5-7 6-2 ●25田形諒平(筑波大学3年)[3]

女子シングルス決勝

○73阿部宏美(筑波大学2年)[6] 6-0 6-0 ●13伊藤日和(同志社大学3年)[9]

男子ダブルス決勝

○48岡垣光祐/柚木武(法政大学4年/4年)[2] 6-2 7-5 ●10田形諒平/弘光慎太郎(筑波大学3年/3年)

女子ダブルス決勝

○42阿部宏美/川出莉子(筑波大学2年/1年)7-5 7-5 ●24堺愛結/田中菜冴美(姫路大学4年/2年)[8]

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

撮影◎松村真行 / MASAYUKI MATSUMURA