2020-11-26

ジュニア

中本悠水(広島国際学院高)と木河優(team.縁)が本戦ワイルドカードを獲得 [ITFジュニア松山U18]

写真は中本悠水(広島国際学院高校/左)と木河優(team.縁)(写真提供◎リポビタン国際ジュニア Supported by 伊達公子×YONEX PROJECT)

ITF(国際テニス連盟)のジュニア公式戦「リポビタン国際ジュニア Supported by 伊達公子×YONEX PROJECT」(ITFグレード5/愛媛県松山市・愛媛県総合運動公園テニスコート/本戦12月2~6日/ハードコート)の本戦ワイルドカード大会が11月26日(木)に行われ、中本悠水(広島国際学院高校)と木河優(team.縁)が優勝を飾った。

 本戦ワイルドカード大会は男子が20人、女子は29人が参加してシングルスのトーナメントを行い、男女の優勝者にはそれぞれ12月2日(水)から始まる本戦のワイルドカード(主催者推薦枠)が与えられる。予選は11月30日(月)にスタートし、本戦は男女シングルス各32ドロー、男女ダブルス各16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号

上位の試合結果

男子決勝

○32中本悠水(広島国際学院高校)6-2 ●14宮里琉星(TCμ)

男子準決勝

○14宮里琉星(TCμ)6-4 ●4前田透空(吉田記念テニス研修センター)

○32中本悠水(広島国際学院高校)7-5 ●17大岐優斗(シーガイアTA)

女子決勝

○5木河優(team.縁)7-5 ●25中岡咲心(やすいそ庭球部)

女子準決勝

○5木河優(team.縁)6-2 ●12井上季子(やすいそ庭球部)

○25中岡咲心(やすいそ庭球部)6-3 ●18五藤玲奈(ラスタットテニスクラブ)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真提供◎リポビタン国際ジュニア Supported by 伊達公子×YONEX PROJECT

Related