日清紡ホールディングスが引き続きジュニア強化を支援

日本テニス協会が主催する「全日本ジュニアテニス選手権」ならびに「南米ジュニアテニスサーキット遠征 」を長年にわたり支援してきた日清紡ホールディングス株式会社は、2022年の「南米ジュニアテニスサーキット遠征」を見据えた選手強化の一環として、本年1月から3月にかけて実施される予定の国内ジュニア合宿を引き続き支援することになった。7日、日本テニス協会が発表した。

 2020年度の「全日本ジュニアテニス選手権」ならびに「南米ジュニアテニスサーキット遠征 」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、 ともに中止となっている。


2021 NISSHINBO NATIONAL JUNIOR TEAM ジュニア合宿について

概要◎2021年の16歳以下ジュニア国別対抗戦の代表候補選手を中心とした合宿を、2021年1月から3月の間に国内各地で、男女合計で7回実施予定。

目的◎同合宿、2021年の16歳以下ジュニア国別対抗戦他を通じて、2022年の南米ジュニアサーキット派遣を見据えた選手強化を行う。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録