〈修造チャレンジ〉が贈る究極のテニスバイブル『世界にチャレンジ!』、2021年春発売

日本のプレーヤーが世界で戦うためには何が必要か。

男子ジュニア強化プログラム
〈修造チャレンジ〉が贈る
究極のテニスバイブルが
ついに発売。

キミにもできる!キミでもできる!
世界にチャレンジ!

目指すは世界100位以内






ベースボール・マガジン社の本
2021年、春発売(予定)

松岡修造&修造チャレンジスタッフ 著
(公財)日本テニス協会 協力

A5判/400ページ(オールカラー)
予価2000円


※情報は順次更新します。


目次

まえがき

キミはグランドスラムで戦う選手になれる!
キミならできる!

1セット 世界にチャレンジ

タフになる

世界にチャレンジするための“7つの力”

1|感じる力
2|ネバーギブアップ力
3|忍耐力
4|想像力
5|決断力
6|表現力
7|人間力


2セット 世界に通じるテニスの軸

Chapter1|テニスの基本

僕らはキミたちの〝未来〟を見ている

ストローク  重いボールが基本

ストローク フットワーク

ボレー

スマッシュ

サービス

ドリル

攻撃

バックハンド強化

アプローチショット

レッツチャレンジ

ディフェンス


Chapter2|テニスの基本を英語で表現する

準備/バランス/攻撃/チェンジ/楽しむ/集中/学びと成長


Chapter3|フィットネス&ボディケア

ボディケアとフィジカルトレーニング

低年齢から体の機能を生かす

コーディネーション

フィジカル強化プラン

ボディケアの基礎

ボディバランスチェック

バランスを整える補強トレーニング

関節弛緩性テスト

フィールドテスト

ジュニアのコンディショニング

正しい姿勢づくりとストレッチ

見落としがちなストレッチ

テニスにつながるフィジカルトレーニング

成長痛


Chapter4|メンタル

調子が悪くても世界で戦えるメンタル

強くなる選手は強い選手と戦うのが大好きだ

自分と向き合ってトレーニングする

メンタルが強いとは

どのメンタル要素が弱いのか

心と体はつながっている

「楽しい」「面白い」という気持ち

Q&A

メンタルタフなトップ選手の行動分析

自己表現 /メンタル・テスト

言語技術の習得


Chapter5|日常生活

日常生活でも世界基準を目指す

SNS3箇条

「EAT to WIN」勝つための食事

アンチ・ドーピング

親の役割

勉強とテニス

痛みとケガ


3セット 日本をテニスの国へ

Chapter1|土台をつくる

世界一ではなく世界100位以内を目指す

〝錦織2世〟をつくろうと思ってはいけない

「修造フェスタ」と「修造チャレンジ」

過去、日本男子には何が足りなかったのか

ジュニア強化の軸づくり

世界でもっとも優れたジュニア育成をしている国

環境は人を変える

錦織圭の出現と今のジュニアの活躍


Chapter2|道筋を立てる

低年齢からの指導の重要性

ケガを理解する

海外に行けば成功できるというわけではない

日本のジュニア強化プログラムの仕組み

プランを考える上での鉄則

ジュニアの目標の立て方

将来を見据えた具体的な目標設定

僕らが描く世界への道

「世界へのPathway」の実例

もう間に合わない……ことは絶対にない! 


Chapter3|世界を知る

トップ選手が集う国際大会の仕組み

どのレベルの試合で戦うことが重要か

〝今勝つ〟よりも〝10年後に勝つ〟テニスを!

日本人の発育のピーク

日本と海外のテニスコートの違い

海外遠征ガイド    
先輩のエピソードに学ぶ

1|ワールドジュニア日本代表からの教訓

2|
PART❶ 12〜14歳の海外遠征での出来事
PART❷ 15歳以上の海外遠征での出来事

修造チャレンジの「みんなで守ルール」 


Chapter4|世界へ羽ばたく

夢を叶えた選手たち

人生のチャンピオンになれ!

修造チャレンジスタッフより
〜20年以上の歴史を振り返る〜

コーチ 櫻井準人
コーチ 岩本 功 
フィジカル 佐藤雅弘
ボディケア 山下且義
メンタル 佐藤雅幸
メンタル 田中伸明

修造チャレンジ・トップジュニアキャンプ
参加者リスト1998〜2019

あとがき    

さあ、ともに世界に挑もう!
チャレンジしよう!
キミならできる!

松岡修造

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録