青山/柴原に勝ったメルテンス/サバレンカがチェコペアを下してグランドスラム大会で2度目の栄冠に輝く [オーストラリアン・オープン]

写真は女子ダブルスで優勝を飾ったエリース・メルテンス(ベルギー/左)とアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)(Getty Images)

今年最初のグランドスラム大会となる「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・ビクトリア州メルボルン/本戦2月8~21日/ハードコート)の女子ダブルス決勝で、第2シードのエリース・メルテンス(ベルギー)/アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)が第3シードのバーボラ・クレイチコバ/カテリーナ・シニアコバ(ともにチェコ)を6-2 6-3で下し、同ペアとして2度目のグランドスラム制覇を果たした。試合時間は1時間19分。

 2019年3月にWTAプレミア・マンダトリー大会のインディアンウェルズとマイアミ(ともにハードコート)を連続で制す「サンシャイン・ダブル」を達成したメルテンス/サバレンカは、同年のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)で四大大会初優勝を飾った。ふたりはシングルスにも出場していたが、ともに4回戦で敗れていた。

 今大会でのメルテンス/サバレンカは、1回戦でコーネリア・リスター(スウェーデン)/アリソン・バン ウィトバンク(ベルギー)に3-6 7-5 6-4で競り勝ったあと、2回戦はアシュリー・バーティ(オーストラリア)/ジェニファー・ブレイディ(アメリカ)の棄権による不戦勝で勝ち上がり、3回戦で第16シードのラウラ・シグムンド(ドイツ)/ベラ・ズボナレワ(ロシア)を6-3 6-7(5) 6-2で、準々決勝で第7シードの青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)を6-2 6-0で、準決勝では第4シードのニコール・メリカ(アメリカ)/デミ・シヒュース(オランダ)を7-5 6-4で破って決勝進出を決めていた。

 シニアコバとクレイチコバのチェコペアは2018年にフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)とウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)で栄冠に輝いており、グランドスラム3勝目を目指していた。

 クレイチコバは2019年にタイトルを獲得したラジーブ・ラム(アメリカ)とのペアで第6シードとして出場しているミックスダブルスで決勝進出を決めており、ニコラ・メクティッチ(クロアチア)とのペアで臨んだ昨年を挟んで同種目3連覇に王手をかけている。(テニスマガジン)


優勝を決めた瞬間のエリース・メルテンス(ベルギー/左)とアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)(Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related