4連戦となった土居美咲は2回戦で元世界4位ベンチッチに敗れる [アデレード国際]

写真は土居美咲(ミキハウス)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「アデレード国際」(WTA250/オーストラリア・南オーストラリア州アデレード/2月22~27日/賞金総額53万5530ドル/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、土居美咲(ミキハウス)は第2シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)に1-6 3-6で敗れた。試合時間は1時間14分。

 今大会に初めて出場した29歳の土居は、前日に行われた1回戦でアンナ・ブリンコワ(ロシア)を7-6(5) 3-6 6-2で破って今シーズンのマッチ2勝目を挙げていた。予選決勝で敗れたあとラッキールーザーで本戦入りした土居は、日曜日から4連戦となっていた。

 この結果でベンチッチは、土居との対戦成績を3勝0敗とした。初対戦だった2013年11月の豊田(ITF7万5000ドル/室内カーペットコート)の準々決勝は6-4 6-4で、2015年USオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の2回戦では5-7 7-6(3) 6-3で、いずれもベンチッチが勝っていた。

 ベンチッチは準々決勝で、第7シードのユリア・プティンセバ(カザフスタン)と予選から勝ち上がってきたストーム・サンダース(オーストラリア)の勝者と対戦する。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related