ホームのグラスコートで日本を迎え撃つパキスタンはクレシーら5人を代表に召集 [デビスカップ]

写真は2020年ニューヨーク・オープンでのアイサムウルハク・クレシー(パキスタン)(Getty Images)

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ by Rakuten」のワールドグループⅠ「日本対パキスタン」(3月5、6日/パキスタン・イスラマバード/グラスコート)のパキスタン代表メンバーが発表され、アハメド・チョードリー、ムザミル・ムルタザ、アイサムウルハク・クレシー、アギール・カーン、ムハンマド・ショアイブの5人が選ばれた。

 パキスタンは2020年ワールドグループⅠプレーオフ(3月6、7日/パキスタン・イスラマバード/グラスコート)でスロベニアを3勝0敗で下してワールドグループⅠ進出を決めたが、そのときはクレシーとカーンの2人が単複でプレーした。

 ATPツアーのダブルスで通算20勝を挙げている40歳のクレシーは、ロハン・ボパンナ(インド)とのペアで2010年USオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)で準優勝した実績を持っている。グラスコートを得意としており、シングルスでは2007年12月に世界ランク自己最高125位をマークしている。

 41歳のカーンがデビスカップ以外では国外の大会でプレーすることはほとんどないが、代表ではシングルス33勝28敗、ダブルス25勝15敗の戦績を残している。

 日本とパキスタンの対戦は2003年以来で、過去の対戦成績は日本の3戦全勝となっている。

※世界ランクは2月22日付

パキスタン代表メンバー

アハメド・チョードリー(シングルス1499位T/ダブルス2178位T)
アイサムウルハク・クレシー(シングルス--位/ダブルス49位)
ムザミル・ムルタザ(シングルス--位/ダブルス1676位T)
アギール・カーン(シングルス--位/ダブルス--位)
ムハンマド・ショアイブ(シングルス--位/ダブルス--位)

監督◎ムシャフ・ジア

日本代表メンバー

綿貫陽介(日清食品:シングルス269位/ダブルス620位)
内田海智(富士薬品:シングルス317位/ダブルス871位)
清水悠太(三菱電機:シングルス338位/ダブルス611位)
望月慎太郎(Team YUKA:シングルス639位/ダブルス412位)
上杉海斗(江崎グリコ:シングルス--位/ダブルス1444位T)

監督◎岩渕聡

 デビスカップは2019年から、新フォーマットに変更されている。新たに改革されたフォーマットは、国際テニス連盟(ITF)と、スペインのサッカー選手ジェラール・ピケによって設立された投資団体「コスモス」の協力によって開発された。

 24ヵ国がホーム&アウェー方式で争うワールドグループⅠは、ベスト・オブ・3セットマッチで初日にシングルス2試合、2日目にダブルス1試合とシングルス2試合(先に3勝したチームの勝利)で行われる。各対戦に勝利した12ヵ国が、来年のファイナルズ予選への出場権を獲得する。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related