決勝含む3試合で逆転勝利の内藤祐希が今季初優勝 [W25ブエノスアイレス]

写真は2020年フレンチ・オープンでの内藤祐希(亀田製菓)(Getty Images)

国際テニス連盟(ITF)の女子ツアー下部大会「ブルーミング・カップ」(ITFワールドテニスツアーW25/アルゼンチン・ブエノスアイレス/3月22~28日/賞金総額2万5000ドル/クレーコート)の女子シングルス決勝で、第3シードの内藤祐希(亀田製菓)が予選から勝ち上がってきたカロリーナ メリジェニ ロドリゲス・アウベス(ブラジル)を1-6 6-4 6-3で倒して今季初優勝を飾った。試合時間は2時間13分。

 20歳の内藤がITFツアーのシングルスでタイトルを獲得したのは、2019年9月のサンタ マルゲリータ ディ プーラ(W25/クレーコート)以来でキャリア6度目となる。2.5万ドル大会では4勝目で、決勝での戦績は6勝4敗となった。

 今大会に日本勢で唯一出場した内藤は1回戦でデスピナ・パパミケル(ギリシャ)を1-6 6-1 6-4で、2回戦でネイクザ・ベインズ(イギリス)を7-5 6-2で、準々決勝で予選勝者のイボンヌ・カバリェ レイメルス(スペイン)を6-2 6-3で、準決勝では第5シードのフランチェスカ・ジョーンズ(イギリス)を1-6 7-6(7) 6-2で破って決勝進出を決めていた。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

日本人選手の試合結果

女子シングルス決勝

○24内藤祐希(日本/亀田製菓)[3] 1-6 6-4 6-3 ●15カロリーナ メリジェニ ロドリゲス・アウベス(ブラジル)[Q]

女子シングルス準決勝

○24内藤祐希(日本/亀田製菓)[3] 1-6 7-6(7) 6-2 ●25フランチェスカ・ジョーンズ(イギリス)[5]

女子シングルス準々決勝

○24内藤祐希(日本/亀田製菓)[3] 6-2 6-3 ●19イボンヌ・カバリェ レイメルス(スペイン)[Q]

女子シングルス2回戦

○24内藤祐希(日本/亀田製菓)[3] 7-5 6-2 ●21ネイクザ・ベインズ(イギリス)

女子シングルス1回戦

○24内藤祐希(日本/亀田製菓)[3] 1-6 6-1 6-4 ●23デスピナ・パパミケル(ギリシャ)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related