穂積絵莉/加藤未唯は第1シードペアに競り負けタイトル獲得ならず [W100チャールストン]

写真は女子ダブルス準優勝の穂積絵莉(日本住宅ローン/右)と加藤未唯(ザイマックス)(写真提供◎加藤未唯:ザイマックス所属)

国際テニス連盟(ITF)の女子ツアー下部大会「LTP100」(ITFワールドテニスツアーW100/アメリカ・サウスカロライナ州チャールストン/5月3~9日/賞金総額10万ドル/クレーコート)の女子ダブルス決勝で、第4シードの穂積絵莉(日本住宅ローン)/加藤未唯(ザイマックス)は第1シードのキャサリン・マクナリー(アメリカ)/ストーム・サンダース(オーストラリア)に5-7 6-4 [6-8]で競り負けた。試合時間は1時間43分。

 加藤と穂積のコンビは、今季2度目のダブルス出場。ふたりは2016年4月のカトヴィツェ(WTAインターナショナル/室内ハードコート)でWTAツアー初優勝を飾り、2017年オーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)では4強入りを果たした。

 今大会での穂積/加藤は1回戦でフランチェスカ・ディ ロレンツォ(アメリカ)/タラ・ムーア(イギリス)を6-2 6-3で、準々決勝でオルガ・ゴボルツォバ(ベラルーシ)/レナタ・サラスア(メキシコ)を6-3 6-3で、準決勝ではアレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)/ユルスラ・ラドバンスカ(ポーランド)を7-5 6-1で破って決勝進出を決めていた。

 シングルスの日本勢は穂積が第14シードで出場した予選を唯一突破したが、1回戦でグレイス・ミン(アメリカ)に4-6 6-1 1-6で敗れていた。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、Altは繰り上がり出場

日本人選手の試合結果

女子シングルス1回戦

●13穂積絵莉(日本/日本住宅ローン)[Q] 4-6 6-1 1-6 ○14グレイス・ミン(アメリカ)

シングルス予選決勝

●21岡村恭香(日本/橋本総業ホールディングス)[6] 6-7(7) 3-6 ○23ビクトリア・デュバル(アメリカ)

○13穂積絵莉(日本/日本住宅ローン)[Q] 6-2 6-4 ●1加藤未唯(日本/ザイマックス)[Alt]

シングルス予選1回戦

○21岡村恭香(日本/橋本総業ホールディングス)[6] 6-2 6-2 ●22ジェシー・ロンピス(インドネシア)

○4穂積絵莉(日本/日本住宅ローン)[14] 6-3 6-3 ●3エリン・ラウトリフ(ニュージーランド)

○1加藤未唯(日本/ザイマックス)[Alt] 7-5 4-6 [10-7] ●2キンミ・ハンス(アメリカ)[WC]

女子ダブルス決勝

●12穂積絵莉/加藤未唯(日本住宅ローン/ザイマックス)[4] 5-7 6-4 [6-8] ○1キャサリン・マクナリー/ストーム・サンダース(アメリカ/オーストラリア)[1]

女子ダブルス準決勝

○12穂積絵莉/加藤未唯(日本住宅ローン/ザイマックス)[4] 7-5 6-1 ●14アレクサンドラ・クルニッチ/ユルスラ・ラドバンスカ(セルビア/ポーランド)

女子ダブルス準々決勝

○12穂積絵莉/加藤未唯(日本住宅ローン/ザイマックス)[4] 6-3 6-3 ●10オルガ・ゴボルツォバ/レナタ・サラスア(ベラルーシ/メキシコ)

女子ダブルス1回戦

○12穂積絵莉/加藤未唯(日本住宅ローン/ザイマックス)[4] 6-2 6-3 ●11フランチェスカ・ディ ロレンツォ/タラ・ムーア(アメリカ/イギリス)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真提供◎加藤未唯:ザイマックス所属

Related