柴原瑛菜/マクラクラン勉は第4シードのロシアペアに競り負け準決勝に進めず [東京2020]

写真は柴原瑛菜(左)/マクラクラン勉(橋本総業ホールディングス/イカイ)(Getty Images)


 1年遅れでの開催となる世界的なスポーツの祭典「東京オリンピック2020テニス競技」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/7月24日~8月1日/ハードコート)のミックスダブルス準々決勝で、日本の柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)/マクラクラン勉(イカイ)は第4シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ/アンドレイ・ルブレフ(ロシア)に5-7 7-6(0) [8-10]で競り負けた。試合時間は1時間59分。

 マクラクランと柴原のコンビは、今回が2度目のミックスダブルス出場。初めてペアを組んだ今年のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)では初戦を勝ち上がり、2回戦で同大会を制したバーボラ・クレイチコバ(チェコ)/ラジーブ・ラム(アメリカ)に4-6 6-3 [11-13]で惜敗していた。

 今大会での柴原/マクラクランは、前日に行われた1回戦でヤロスラーワ・シュウェドワ/アンドレイ・ゴルベウ(カザフスタン)を6-3 7-6(3)で破って勝ち上がっていた。

 パブリウチェンコワ/ルブレフは準決勝で、第2シードのマリア・サカーリ/ステファノス・チチパス(ギリシャ)とアシュリー・バーティ/ジョン・ピアース(オーストラリア)の勝者と対戦する。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related