日比野菜緒がペン・シューアイに競り勝ち本戦初勝利 [オーストラリアン・オープン]

今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月20日~2月2日/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、日比野菜緒(ブラス)がペン・シューアイ(中国)に4-6 7-6(6) 6-3で競り勝ち、初の本戦勝利を挙げた。試合時間は2時間27分。

 この試合は大会初日に行われる予定だったが、雨天により延期となっていた。

 全豪に5年連続出場となる25歳の日比野は、2016年から3年連続本戦でプレーするも未勝利だった。昨年は予選1回戦で、アントニア・ロットナー(ドイツ)に2-6 4-6で敗れていた。今回は2シードとして予選第2シードから出場し、3試合を勝ち抜き2年ぶりの本戦入りを決めていた。

オーストラリアン・オープン2020|トーナメント表

 この結果で日比野は、3度目の対戦でペンから初勝利を挙げた。昨年は10月に蘇州(W100/ハードコート)の準決勝で対戦し、ペンが6-4 7-6(2)で勝っていた。

 日比野は2回戦で、第22シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)と対戦する。サカーリは1回戦で、マルガリータ・ガスパリアン(ロシア)を6-2 6-2で下しての勝ち上がり。

 二宮真琴(エディオン)とのペアでダブルスにもエントリーしいる日比野は、初戦で第11シードのルーシー・ラデッカ(チェコ)/アンドレア・クレパーチ(スロベニア)と対戦する予定となっている。

※写真は日比野菜緒(ブラス/右)とペン・シューアイ(中国/左)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 21: Shuai Peng of China and Nao Hibino of Japan embrace at the net following their Women's Singles first round match on day two of the 2020 Australian Open at Melbourne Park on January 21, 2020 in Melbourne, Australia. (Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録