個人戦は森田皐介(柳川2年)と長谷川晴佳(野田学園2年)が優勝 [2022高校センバツ]

写真は個人戦で優勝を飾った森田皐介(柳川2年/左)と長谷川晴佳(野田学園2年)(写真◎上野弘明)


 公益財団法人全国高等学校体育連盟などが主催する「大正製薬リポビタン第44回全国選抜高校テニス大会」(3月20~26日/団体戦:3月21~25日◎福岡県福岡市・博多の森テニス競技場、個人戦:3月23~26日◎福岡県福岡市・博多の森テニス競技場博多の森テニス競技場&福岡県春日市・春日公園テニスコート/砂入り人工芝コート)は最終日を迎え、男女の個人戦準決勝と決勝が行われた。

 男子決勝は森田皐介(柳川2年)が中西康輔(岡山理大附2年)を6-3 6-4で、女子決勝は長谷川晴佳(野田学園2年)が門脇優夏(西宮甲英2年)を6-4 6-4で下してそれぞれチャンピオンに輝いた。

 優勝した森田と長谷川は、USオープン・ジュニア予選の出場権を獲得した。

 個人戦は団体戦出場チームの登録No1選手が対象で、団体戦が終了すると個人戦トーナメント表の指定位置に名前が入る変則ドローを採用している。試合は予選および本戦1回戦から4回戦までは8ゲームズプロセット、準決勝と決勝は3セットマッチで行われれ、優勝者は同年USオープン・ジュニア予選へ、上位進出者は日韓中ジュニア交流競技会に派遣される。

※名前の左数字はドロー番号、丸数字は学年

大会最終日の試合結果|個人戦

男子個人準決勝

○4森田皐介②(柳川)3-6 6-1 4-6 ●1三城貴雅①(相生学院)

○42中西康輔②(岡山理大附)6-2 6-0 ●48髙妻蘭丸②(大分舞鶴)

男子個人決勝

○4森田皐介②(柳川)6-3 6-4 ●42中西康輔②(岡山理大附)

女子個人準決勝

○3門脇優夏②(西宮甲英)6-4 6-3 ●1砂田未樹②(松商学園)

○48長谷川晴佳②(野田学園)6-3 4-6 6-4 ●45里菜央①(相生学院)

女子個人決勝

○48長谷川晴佳②(野田学園)6-4 6-4 ●3門脇優夏②(西宮甲英)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真◎上野弘明

Pick up


Related

Ranking of articles