血気盛んなメドベージェフがシュワルツマンを倒してロシアがベスト4へ [ATPカップ]

今年新設された世界テニス国別対抗戦「ATPカップ」(オーストラリア・ブリスベン、パース、シドニー/1月3~12日/賞金総額1500万ドル/ハードコート)の大会7日目のナイトセッションは、シドニー会場で準々決勝「アルゼンチン対ロシア」が行われた。

 ダニール・メドベージェフ(ロシア)は白熱した第2セットに2度審判の椅子をラケットで叩いた罰として1ポイントを失ったが、そこから回復してディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を倒し、ロシアの準決勝進出を確定させた。

 世界ランク4位のメドベデフは、メルボルンでの一泊を挟むパースからシドニーへの大陸横断の旅、そこからくる時差ボケを癇癪の理由にあげた。グループラウンドを大陸の東海岸パースで戦ったロシアは、勝ち上がり決定後に大急ぎで準々決勝の会場であるシドニーに移動しなければならなかった。反対にグループ戦の会場がシドニーだったアルゼンチンは、移動の必要がなかった。

 彼は警告で罰金を受けるだろうと思うが、それを除けば「非常に厳しかった」 試合を6-4 4-6 6-3で制し、アルゼンチンに対するロシアの勝利を決めたことに満足していると言った。第1試合はカレン・ハチャノフ(ロシア)がギド・ペラ(アルゼンチン)を6-2 7-6(4)で下し、ロシアが先勝していた。ロシアは最終的に、ダブルスでも勝って3勝0敗で完勝した。

ATPカップ開催中、日本戦含む16試合をCSテレ朝チャンネルで生中継!

「僕のそばにあの(審判の)椅子以外、叩くものがなかったんだよ。だからラケットでそこにあったものを叩いたんだ」とメドベージェフは説明した。「僕は受けるべくして警告を受けた。2回目のやつもそうだ。そこから僕は、前に進んでいったんだ」。

 ほかにもポジティブなことはあるとメドベージェフは言い、第2セット第7ゲームでサーブをブレークされたあとカッとなって自分がモハメド・ラヒアーニ審判の椅子を叩いたときに、椅子を壊したり、誰かにケガをさせたり、ラケットを折ったりしなかったことをその例としてリストアップした。

 ロシア対アルゼンチンの対戦の緊迫感は、メドベデフが第1セットを取った直後に高まった。彼は自分のサービスゲームでセットポイントを手にしたが、8分半かかったゲームでブレークバックされた。彼はふたたびブレークしてそのセットを取るのだが、それから双方の選手がそれぞれのコートの端の自分たちのチームゾーンに向かう際に言葉を交わした。

 ラヒアーニ主審は椅子から降りて2人の選手の間に割って入り、執拗に言葉を続けていたメドベージェフの態度をスポーツマンらしからぬ振る舞いとみなしてコードバイオレーション(警告)を与えた。

 その7ゲーム後にメドベージェフはコードバイオレーションの説明を求め、審判の椅子に近づいていった。彼はラケットで審判の椅子を叩き、その行為により警告を受け、それからふたたび叩いてポイントペナルティを課された。つまりシュワルツマンは、次のゲームを15-0から始めることになったのだ。

 最初の警告について議論したために2度目の警告を食らったとメドベージェフは言い、それは「聞こえなかったからだ」と話した。

「僕はたぶん、なぜ僕が警告を受けたのか知るためにモハメドと話しをするよ。なぜって、どうしてそれを受けたのかわからないからだ」とメドベージェフは語った。

 シュワルツマンは1ブレークを死守し、5つ目のセットポイントをものにして第2セットを取り返した。しかしメドベージェフは第3セットで冷静さを取り戻し、ミスを減らして第8ゲームで勝負を決めるブレークを果たした。

 ロシアのマラト・サフィン監督は、気を散らされる要因を頭から追い出したことについてメドベージェフを称賛した。

「彼にとって、メンタル的に強くあり続けることは重要だった」とサフィンはコメントした。「賢くあらねばならず、ときに自分を押さえつけ、冷静さを保たなければならないんだ」。

 パースでロシアが3つのグループ戦で全勝する過程でメドベージェフはプレーしたすべてのシングルスに勝ったが、シュワルツマンに対してはより厳しい戦いを強いられた。シュワルツマンは水曜日にシドニーでクロアチアに対する勝利の立役者となり、彼の勝利のおかげでアルゼンチンは準々決勝に進出していた。

 ロシアは準決勝で、金曜日に行われるセルビア対カナダの準々決勝の勝者と対戦する。

(APライター◎ジョン・パイ/構成◎テニスマガジン)

※写真はダニール・メドベージェフ(ロシア/右)と主審のモハメド・ラヒアーニ氏(左)
SYDNEY, AUSTRALIA - JANUARY 09: Daniil Medvedev of Russia is given a code violation warning by the umpire after exchanging words with Diego Schwartzman of Argentina during their quarter final singles match during day seven of the 2020 ATP Cup at Ken Rosewall Arena on January 09, 2020 in Sydney, Australia. (Photo by Mark Metcalfe/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録