ATPが日東電工株式会社とのパートナーシップを2025年まで延長すると発表

ATP(男子プロテニス協会)が9月10日(木)に公式サイトを更新し、ATPと日東電工株式会社(Nitto)のパートナーシップを2025年まで延長することを発表した。これによりNittoは、シーズン末のトップ8によるエリート大会「Nitto ATPファイナルズ」のタイトルスポンサーを継続することになった。

 それに加えてNittoは、ATPツアーのゴールドパートナーおよび公式アスレティックテープのスポンサーとなった。そのためNittoはツアー大会でATPの医療チームが使用するテーピング製品を提供し、理学療法士の公式服にはNittoブランドが入ることになる。

「Nittoとのパートナーシップをさらに5年間延長することができ、我々は非常に誇りに思っています」とATP会長のアンドレア・ガウデンツィ(イタリア)はコメントした。

 ロンドンでATPファイナルズが開催されるのは今年までとなっており、2021年から25年まではイタリア・トリノで行われることが決まっている。

 Nittoの髙﨑秀雄社長は「ATPとのパートナーシップとNitto ATPファイナルズへの長期的な取り組みを拡大できることをうれしく思います」と述べ、「革新の精神が強い都市であるトリノでは、Nitto ATPファイナルズが世界中の人々を驚かせるイベントになることを確信しています」と2021年以降への期待感を示した。(テニスマガジン)

※写真は昨年の「Nitto ATPファイナルズ」での髙﨑秀雄日東社長(右)とステファノス・チチパス(ギリシャ)(Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録