錦織は2回戦敗退、18歳新星に進撃許す [イタリア国際]

ATPツアー公式戦の「BNLイタリア国際」(ATP1000/イタリア・ローマ/9月14~21日/賞金総額385万4000ユーロ/クレーコート)の男子シングルス2回戦で、錦織圭(日清食品)は予選から勝ち上がってきた18歳のロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)に3-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間42分。

 今大会に6年連続7度目の出場となった30歳の錦織は、2016年のベスト4が最高成績。昨年は準々決勝で、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)に4-6 2-6で敗れていた。今大会の1回戦では、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)を6-4 7-6(3)で破ってツアー復帰後の初勝利を挙げていた。

BNLイタリア国際2020|PHOTOアルバム

 両者は今回が初対戦。ムゼッティは昨年の全豪ジュニアでタイトルを獲得し、同年にはジュニア世界ランク1位の座に就いた実績を持っている。ワイルドカード(主催者推薦枠)を得て予選に参戦したムセッティは3試合を勝ち抜いたあと、1回戦で第10シードのスタン・ワウリンカ(スイス)を6-0 7-6(2)で倒す番狂わせを演じていた。

 8月17日にウイルス検査で陽性と診断されたことを公表した錦織は、3度目の検査で陰性になったが準備不足を理由にUSオープンを欠場する決断を下していた。

 ムゼッティは3回戦で、予選勝者のドミニク・コプファー(ドイツ)と対戦する。コプファーは2回戦で、第5シードのガエル・モンフィス(フランス)を6-2 6-4で下しての勝ち上がり。(テニスマガジン)

※写真は錦織圭(日清食品)
ROME, ITALY - SEPTEMBER 17: Kei Nishikori of Japan reacts in his round two match against Lorenzo Musetti of Italy during day four of the Internazionali BNL d'Italia at Foro Italico on September 17, 2020 in Rome, Italy. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録