西岡良仁がエバンズを下してゴファンとの2回戦へ [シティ・オープン]

ATPツアー公式戦の「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンDC/7月29日~8月4日/賞金総額204万6340ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、西岡良仁(ミキハウス)がダニエル・エバンズ(イギリス)を6-4 6-1で破り、初戦を突破した。試合時間は1時間6分。

 今大会に3年ぶり3度目の出場となる23歳の西岡は、初戦敗退に終わったウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)以来の公式戦を勝利で飾った。前回プレーした2016年は本戦初勝利を挙げ、2回戦でジル・ミュラー(ルクセンブルク)に1-6 1-6で敗れていた。

シティ・オープン2019|PHOTOアルバム

 この結果で西岡は、エバンズとの対戦成績を2勝0敗とした。両者は2016年8月にアトランタ(ATP250/ハードコート)の1回戦で初対戦しており、西岡が6-2 6-7(2) 7-6(4)で勝っていた。

 西岡は2回戦で、第7シードのダビド・ゴファン(ベルギー)と対戦する。シード勢は1回戦がBYE(免除)となっており、2回戦からの登場となる。

 シティ・オープンはATPツアー500の規模の大会で、シングルス48ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

上位出場選手シード順位|シングルス

ステファノス・チチパス(ギリシャ)[1]
カレン・ハチャノフ(ロシア)[2]
ダニール・メドベデフ(ロシア)[3]
ケビン・アンダーソン(南アフリカ)[4]

※[ ]数字はシード順位

※写真は西岡良仁(ミキハウス)
WASHINGTON, DC - JULY 30: Yoshihito Nishioka of Japan celebrates a point against Daniel Evans of Great Britain during Day 2 of the Citi Open at Rock Creek Tennis Center on July 30, 2019 in Washington, DC. (Photo by Rob Carr/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録