五藤玲奈が圧倒的な攻撃力で全小タイトル獲得 [第37回全国小学生]

「第37回 第一生命 全国小学生テニス選手権大会」(東京都世田谷区・第一生命相娯園グラウンドテニスコート/7月27~30日/クレーコート)は最終日を迎え、男女シングルス準決勝と決勝が行われた。

 女子決勝は第11シードの五藤玲奈(岡山市立岡山中央小)が第2シードの長谷川汎奈(横浜市立日限山小)を6-1 6-0で下して初の全国タイトルを獲得した。

 長谷川と五藤の両者は、全国選抜ジュニア1回戦でも対戦。そのときは2-6 6-4 6-1で長谷川に軍配が上がったが、今回は五藤の一方的な試合展開となった。第1セットからサービス、ストロークで長谷川を圧倒。「こんなスコアで勝てるとは思わなかった」と本人も驚きの完勝劇だった。

 今大会の五藤は最後まで攻撃的なプレーを崩さなかった。体格を生かしたサービスで優位な状況をつくり、チャンスボールと見るや豪快なフォアハンドを打ち込んでいく。ミスしても気持ちを落とさず、強気なプレーを続けたことが今回の戴冠へと繋がった。 

 五藤にとって大坂なおみ(日清食品)は憧れの選手。フットワーク強化をきっかけに世界の頂点へと駆け上がった先輩のプロセスも参考にしているという。最近、取り組み始めた体幹や脚力の強化によって「前よりもボールに追いつけるようになった」と成長を実感する。全国大会の舞台で得た確かな自信を胸に、さらなる飛躍に期待したいところだ。

 一方、決勝で完敗を喫した長谷川は「相手のパワーに対応しないといけなかったけど、その技術が足りなかった」と肩を落とす。ストロークの中から相手を崩していくプレーが得意だが、五藤の仕掛けの速さについていくのがやっとだった。

 それでも、今回の結果には一定の手応えも感じている。全国大会の第2シードは今回が初めて。大きなプレッシャーがかかる中で決勝に勝ち残ったことは「頑張れたと思う」と笑みがこぼれる。決勝では五藤から全国選抜ジュニアのリベンジを受ける形となったが、続く全日本ジュニアでは「リベンジして、優勝できるように頑張りたい」と前を向いた。

長谷川汎奈(横浜市立日限山小)

編集部◎中野恵太 写真◎福地和男

※トップ写真は、今年の全小女子優勝を飾った第11シードの五藤玲奈(岡山市立岡山中央小)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録