2019-07-29

記録

杉田祐一が今季初優勝、チャレンジャー大会で10度目のタイトル獲得 [ビンガムトン・チャレンジャー]

ATPツアー下部大会の「LEVENE GOULDIN & THOMPSON テニス・チャレンジャー」(チャレンジャー80/アメリカ・ニューヨーク州ビンガムトン/7月22~28日/賞金総額5万5460ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、第11シードの杉田祐一(三菱電機)が第14シードのジョアン・メネゼス(ブラジル)を7-6(2) 1-6 6-2で下し、今季初優勝を果たした。試合時間は1時間50分。

 チャレンジャー大会で杉田がタイトルを獲得したのは、2017年6月のサービトン(12.7万ユーロ/グラスコート)以来で通算10度目となる。

 今大会に日本勢で唯一出場した杉田は、初戦となった2回戦でロベルト・オルテガ オルメド(スペイン)を7-5 6-1で、3回戦でエダン・レシェム(イスラエル)を6-3 7-6(4)で、準々決勝で第13シードのマックス・パーセル(オーストラリア)を6-3 6-1で、準決勝では第7シードのミッチェル・クルーガー(アメリカ)を6-3 4-6 6-4で破って決勝進出を決めていた。

 杉田はイ・ダクヒ(韓国)とのペアでダブルスにも出場していたが、1回戦で第2シードのジェーシー・アラゴン/アレックス・ローソン(ともにアメリカ)に1-6 7-5 [7-10]で敗れていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

日本人選手の結果

シングルス決勝

○9杉田祐一(三菱電機)[11] 7-6(2) 1-6 6-2 ●41ジョアン・メネゼス(ブラジル)[14]

シングルス準決勝

○9杉田祐一(三菱電機)[11] 6-3 4-6 6-4 ●32ミッチェル・クルーガー(アメリカ)[7]

シングルス準々決勝

○9杉田祐一(三菱電機)[11] 6-3 6-1 ●8マックス・パーセル(オーストラリア)[13]

シングルス3回戦

○9杉田祐一(三菱電機)[11] 6-3 7-6(4) ●13エダン・レシェム(イスラエル)

シングルス2回戦

○9杉田祐一(三菱電機)[11] 7-5 6-1 ●11ロベルト・オルテガ オルメド(スペイン)

シングルス1回戦

9杉田祐一(三菱電機)[11] 10Bye

ダブルス1回戦

●15イ・ダクヒ/杉田祐一(韓国/三菱電機)1-6 7-5 [7-10] ○16ジェーシー・アラゴン/アレックス・ローソン(アメリカ)[2]

※写真は昨年のUSオープンでの杉田祐一(三菱電機)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録