大坂なおみがプリスコバを振りきり、タイトルと世界1位の座をかけたクビトバとの決勝へ [オーストラリアン・オープン]

 今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月14~27日/ハードコート)の女子シングルス準決勝で、第4シードの大坂なおみ(日清食品)が第7シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を6-2 4-6 6-4で振りきり、決勝進出を果たした。試合時間は1時間53分。

 グランドスラムで大坂が決勝に勝ち進んだのは、タイトルを獲得した昨年のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)に続いて2度目となる。

 全豪に4年連続出場となる大坂は、昨年の大会で初めてグランドスラムの3回戦を突破。続く4回戦では、シモナ・ハレプ(ルーマニア)に3-6 2-6で敗れていた。

 この結果で大坂は、プリスコバとの対戦成績を2勝2敗のタイに追いついた。昨年は2度対戦し、3月のインディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)の準々決勝は大坂が6-2 6-3で、9月の東京(WTAプレミア/室内ハードコート)の決勝ではプリスコバが6-4 6-4で勝っていた。

 開幕戦のブリスベン(WTAプレミア/ハードコート)を制していたプリスコバは、今季続いていた連勝が「10」でストップした。

 今大会での大坂は、1回戦でマグダ・リネッテ(ポーランド)を6-4 6-2で、2回戦でタマラ・ジダンセク(スロベニア)を6-2 6-4で、3回戦で第28シードのシェイ・スーウェイ(台湾)を5-7 6-4 6-1で、4回戦で第13シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)を4-6 6-3 6-4で、準々決勝では第6シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)を6-4 6-1で破って4強入りを決めていた。

 2018年シーズンの大坂は、3月にインディアンウェルズでツアー初優勝を果たし、9月にはUSオープンで日本テニス史上初めてシングルスでのグランドスラム制覇の偉業を達成した。

 大坂はグランドスラム2大会連続優勝をかけて、第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦する。クビトバは準決勝で、ノーシードから勝ち上がってきたダニエル・コリンズ(アメリカ)を7-6(2) 6-0で下しての勝ち上がり。

 土曜日に予定されている決勝は、勝ったほうにタイトルとともに世界ナンバーワンの座がかかる一戦となる

※写真は大坂なおみ(日清食品)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 24: Naomi Osaka of Japan celebrates match point in her Women's Semi Final match against Karolina Pliskova of Czech Republic during day 11 of the 2019 Australian Open at Melbourne Park on January 24, 2019 in Melbourne, Australia. (Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録