デミノー、西岡らが2回戦進出 [シドニー国際]

 オーストラリア・シドニーで開催されている「シドニー国際」(ATP250/1月6~12日/賞金総額58万9680ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、2018年大会準優勝のアレックス・デミノー(オーストラリア)がドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)を6-4 6-3で下し、2回戦に駒を進めた。

「(雨で)多くの待機があり、容易な1日ではなかった。特に、すごく早く出てきたのに、天気のせいでプレーすることができなかったから」とデミノーは振り返った。

「でも、自分がこの状況にうまく対処できたことをうれしく思うし、勝てて本当にうれしいよ」

 デミノーは昨年の決勝で、ダニール・メドべデフ(ロシア)に敗れた。メドべデフは、前日のブリスベン決勝で錦織圭(日清食品)に敗れたあと、シドニーでのタイトル防衛には臨まないと発表していた。

 また、予選を勝ち上がった日本の西岡良仁(ミキハウス)はライアン・ハリソン(アメリカ)を6-4 6-2で下した。

 そのほかの試合では、サム・クエリー(アメリカ)は6-1 4-1でリードした時点でマレク・ジャジリ(チュニジア)が棄権したため初戦を勝ち上がった。クエリーのほか、予選勝者のライリー・オペルカ(アメリカ)、ラッキールーザーで本戦入りしたギド・アンドレオッシ(アルゼンチン)が2回戦に勝ち進んだ。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はアレックス・デミノー(オーストラリア)
SYDNEY, AUSTRALIA - JANUARY 07: Alex De Minaur of Australia plays a backhand shot against Dusan Lajovic of Serbia during day two of the 2019 Sydney International at Sydney Olympic Park Tennis Centre on January 07, 2019 in Sydney, Australia. (Photo by Brett Hemmings/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録