仁木拓人が単複ともに準優勝 [シンガポールF2フューチャーズ]

 ITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「シンガポールITF男子フューチャーズ SGP F2」(シンガポール/5月14~20日/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、仁木拓人(三菱電機)は第8シードのコリン・アルタミラノ(アメリカ)に6-7(5) 3-6で敗れた。試合時間は2時間11分。

 今大会での仁木は、1回戦で予選勝者のジェームズ・フローリー(オーストラリア)を2-6 6-4 6-1で、2回戦で第7シードのニコラス S・フー(アメリカ)を6-4 6-4で、準々決勝でダニエル・ノーラン(オーストラリア)を1-6 7-6(6) 6-4で破り、準決勝はタイソン・クイアトコウスキー(アメリカ)の第2セット途中棄権で決勝進出を決めていた。

 仁木は、今井慎太郎(イカイ)とのペアで第1シードとしてダブルスにも出場。決勝でフランシス ケーシー・アルカンタラ(フィリピン)/アルタミラノに1-6 4-6で敗れ、準優勝に終わっていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

上位の試合結果

シングルス決勝

○25コリン・アルタミラノ(アメリカ)[8] 7-6(5) 6-3 ●14仁木拓人(三菱電機)

シングルス準決勝

○14仁木拓人(三菱電機)7-6(3) 2-1 Ret. ●6タイソン・クイアトコウスキー(アメリカ)

○25コリン・アルタミラノ(アメリカ)[8] 5-7 6-2 6-3 ●18西脇一樹(CF Partners)[Q]

シングルス準々決勝

○6タイソン・クイアトコウスキー(アメリカ)7-5 0-6 6-2 ●4上杉海斗(江崎グリコ)[Q]

○14仁木拓人(三菱電機)1-6 7-6(6) 6-4 ●12ダニエル・ノーラン(オーストラリア)

○18西脇一樹(CF Partners)[Q] 6-2 7-5 ●24越智真(江崎グリコ)[3]

○25コリン・アルタミラノ(アメリカ)[8] 6-2 6-2 ●32今井慎太郎(イカイ)[2]

ダブルス決勝

○11フランシス ケーシー・アルカンタラ/コリン・アルタミラノ(フィリピン/アメリカ)6-1 6-4 ●1今井慎太郎/仁木拓人(イカイ/三菱電機)[1]

ダブルス準決勝

○1今井慎太郎/仁木拓人(イカイ/三菱電機)[1] 3-6 6-3 [12-10] ●7ジェイコブ・グリルズ/マイケル・ルック(オーストラリア)

○11フランシス ケーシー・アルカンタラ/コリン・アルタミラノ(フィリピン/アメリカ)5-7 7-5 [10-7] ●16マーベリック・ベインズ/ブレイク・エリス(オーストラリア)[2]

※写真は2016年の全日本選手権での仁木拓人(三菱電機)
撮影◎菅原淳/テニスマガジン

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録