「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15~28日/ハードコート)の男子ダブルス準決勝で、マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)は第7シードのオリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)に6-4 5-7 6-7(4)で競り負け、ノーシードからの決勝進出はならなかった。試合時間は2時間26分。

 ストルフとマクラクランは、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。内山靖崇(北日本物産)とのペアで臨んだ昨年10月の東京(ATP500/ハードコート)で優勝を果たした25歳のマクラクランは、今回が初めてのグランドスラム出場だった。

 今大会でのマクラクラン/ストルフは、1回戦ではワイルドカード(主催者推薦枠)のタナシ・コキナキス/ジョーダン・トンプソン(ともにオーストラリア)を6-4 6-3で、2回戦で2016年全仏優勝ペアで第9シードのフェリシアーノ・ロペス/マルク・ロペス(ともにスペイン)を4-6 6-3 6-2で、3回戦でパブロ・カレーニョ ブスタ/ギジェルモ・ガルシア ロペス(ともにスペイン)を6-4 7-6(5)で、準々決勝では第1シードのルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)を6-4 6-7(4) 7-6(5)で破って4強入りを決めていた。

 マラック/パビッチは決勝で、ボブ・ブライアン/マイク・ブライアン(ともにアメリカ)と第11シードのフアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ(ともにコロンビア)の勝者と対戦する。

※写真はマクラクラン勉(右)/ヤン レナード・ストルフ
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 25: Jan-Lennard Struff (L) of Germany and Ben McLachlan of Japan compete in their men's doubles semi-final match against Oliver Marach of Austria and Mate Pavic of Croatia on day 11 of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 25, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Darrian Traynor/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.