「平成29年度 関東学生新進テニス選手権大会」(本戦2月14~20日/各大学テニスコート)は最終日を迎え、男女単複の決勝が行われた。

 男子シングルス決勝は第8シードの藪巧光(法政大学2年)が坂本光(青山学院大学2年)を2-6 6-3 7-5で、トップ2シードの対戦となった女子シングルス決勝は第2シードの千村もも花(筑波大学1年)が第1シードの村橋舞(立教大学2年)を6-4 7-5で下し、それぞれ優勝を飾った。

 ダブルス決勝は男女ともノーシード同士の対戦となり、男子は加藤彰馬/吉田慎(亜細亜大学2年/2年)が藤井俊吾/賀川稜太(法政大学2年/1年)を6-3 7-6(4)で、女子は藤原早気/米原さくら(早稲田大学1年/1年)が中沢夏帆/大西沙依(亜細亜大学3年/3年)を4-6 6-4 [10-4]で倒してタイトルを獲得した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス決勝

○49藪巧光(法政大学)[8] 2-6 6-3 7-5 ●19坂本光(青山学院大学)

女子シングルス決勝

○64千村もも花(筑波大学)[2] 6-4 7-5 ●1村橋舞(立教大学)[1]

男子ダブルス決勝

○22加藤彰馬/吉田慎(亜細亜大学)6-3 7-6(4) ●13藤井俊吾/賀川稜太(法政大学)

女子ダブルス決勝

○22藤原早気/米原さくら(早稲田大学)4-6 6-4 [10-4] ●6中沢夏帆/大西沙依(亜細亜大学)

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.