「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月27日~6月10日/クレーコート)のジュニア女子ダブルス決勝で、ノーシードから勝ち上がってきたキャティ・マクナリー(アメリカ)/イガ・シフィオンテク(ポーランド)が第3シードの内藤祐希(TEAM YONEZAWA)/佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)を6-2 7-5で下し、優勝を果たした。試合時間は1時間57分。

 この日行われたシングルス決勝を戦ったマクナリーは、第16シードのコリ・ガウフ(アメリカ)に6-1 3-6 6-7(1)で敗れて準優勝に終わっていた。

 グランドスラム・ジュニアの同種目では、マクナリーが3度目、シフィオンテクは2度目の決勝だったが、ともに初のタイトル獲得となった。

 今大会でのマクナリー/シフィオンテクは、1回戦でサダ・ナヒマナ(ブルンジ)/マリア ガブリエラ・リベラ コラド(グアテマラ)を6-0 6-2で、2回戦で第2シードのマリア カメリア・オソリオ セラーノ(コロンビア)/ワン・シユ(中国)を6-3 5-7 [12-10]で、準々決勝でクロエ・ベック(アメリカ)/Taisya PACHKALEVA(ロシア)を6-4 6-3で、準決勝ではワイルドカード(主催者推薦枠)のジュリー・ベルグラーヴァ/リュドミラ・ベンシェイク(ともにフランス)を6-3 7-5で破って決勝進出を決めていた。

 佐藤と内藤のコンビは、今回がITFジュニアで6度目のダブルス出場。初めてペアを組んだ昨年3月のサラワク(ITF Grade 1/ハードコート)と2週間前のミラノ(ITF Grade A/クレーコート)でタイトルを獲得しており、グランドスラム・ジュニアでは1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で4強入りを果たしていた。

 ふたりはシングルスにも出場していたが、第7シードの佐藤が1回戦でビクトリヤ・デマ(ウクライナ)に4-6 4-6で、第10シードの内藤は準々決勝でシフィオンテクに5-7 5-7で敗れていた。

ジュニア女子ダブルス決勝

○29キャティ・マクナリー/イガ・シフィオンテク(アメリカ/ポーランド)6-2 7-5 ●9内藤祐希/佐藤南帆(TEAM YONEZAWA/有明ジュニアテニスアカデミー)[3]

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

※写真は左からジュニア女子ダブルス優勝のイガ・シフィオンテク(ポーランド)、キャティ・マクナリー(アメリカ)、準優勝の佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)、内藤祐希(TEAM YONEZAWA)
撮影◎毛受亮介/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.