「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/予選6月25日~、本戦7月2~15日/グラスコート)の予選が25日(月)からスタートする。予選はローハンプトンにあるイングランド銀行スポーツセンターで行われる。

 男子の予選ドローが発表され、シングルスの日本人選手は伊藤竜馬(北日本物産)、添田豪(GODAI)、守屋宏紀(北日本物産)、内山靖崇(北日本物産)、綿貫陽介(日清食品)の5人が名を連ねた。

 守屋と綿貫が同じブロックとなり、添田と守屋の初戦はシード選手との対戦となった。20歳の綿貫は、グランドスラム予選に初挑戦となる。

 また、ウインブルドンではグランドスラムで唯一ダブルスの予選が行われ、日本勢は内山がアンドレ・ベゲマン(ドイツ)とのペアで第3シードとして出場している。

 男子シングルス予選は128ドローで3回勝ち上がった16名が、男子ダブルス予選は16ドローで2回勝ち上がった4組が、それぞれ本戦への出場権を手にする。予選は28日(木)までの4日間にわたって行われる予定。

※コート番号は試合が予定されているコート、名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位
(試合予定は状況により変更されることがあります)

予選初日の試合予定|日本人選手

Court3

第2試合 MS-Q1R 44伊藤竜馬(北日本物産)vs 43ドミニク・コプファー(ドイツ)

Court5

第4試合 MS-Q1R 106守屋宏紀(北日本物産)vs 105ビヨン・フラタンジェロ(アメリカ)[14]

Court6

第5試合 MD-Q1R 9アンドレ・ベゲマン/内山靖崇(ドイツ/北日本物産)[3] vs 10マッケンジー・マクドナルド/ピーター・ポランスキー(アメリカ/カナダ)

Court10

第4試合 MS-Q1R 110綿貫陽介(日清食品)vs 109バンジャマン・ボンジ(フランス)

Court15

第2試合 MS-Q1R 66添田豪(GODAI)vs 65ヒューゴ・デリエン(ボリビア)[9]

Court18

第2試合 MS-Q1R 91内山靖崇(北日本物産)vs 92コンスタン・レスティエンヌ(フランス)

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.