「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の大会3日目は、雨のため早めに終了した。

 1番コートで第3シードのマリン・チリッチ(クロアチア)は、雨の中断を経てギド・ペラ(アルゼンチン)との試合を再開したが、またも降ってきた驟雨のため、チリッチが6-3 6-1 3-4としたところで、ふたたびコートから去ることになった。チリッチは第3セットでワンブレークされ、相手にリードを許していた。

 その後、しばらく待機の時間があったが、19時少し前、とぎれとぎれに雨が降っていたためプレーを再開することはできず。スタン・ワウリンカ(スイス)対トーマス・ファビアーノ(イタリア)、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)対アンドレアス・セッピ(イタリア)など、多くの試合が翌日に順延となった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はウインブルドン大会3日目
LONDON, ENGLAND - JULY 04: Groundsmen uncover the court as play resumes after a rain shower on day three of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 4, 2018 in London, England. (Photo by Clive Mason/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.