「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)のミックスダブルス2回戦に出場予定だった第14シードのマクラクラン勉(日本)/穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)は、マイク・ブライアン/ベサニー・マテック サンズ(ともにアメリカ)の棄権により不戦勝でベスト16に進出することが決まった。

  穂積は加藤未唯(ザイマックス)と組んで女子ダブルスにも出場していたが、1回戦で1月のオーストラリアン・オープンを制した第1シードのティメア・バボス(ハンガリー)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)に4-6 3-6で敗れていた。

  ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)とのコンビで第14シードで男子ダブルスに出場しているマクラクランは、この日行われた3回戦でフィリップ・ペッシュナー/ティム・プッツ(ともにドイツ)を6-3 6-4 7-6(3)で破って8強入りを決めている。

  マクラクラン/穂積は3回戦で、第4シードのジャン ジュリアン・ロジェ/デミ・シヒュース(ともにオランダ)と対戦する。ロジェ/シヒュースは2回戦で、ジェイミー・セレターニ(アメリカ)/レナタ・ボラコバ(チェコ)を7-6(13) 6-3で下しての勝ち上がり。

※写真は女子ダブルス1回戦での穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)
撮影◎小山真司/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.