「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月27日~9月9日/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、第23シードのチョン・ヒョン(韓国)がリカルダス・ベランキス(リトアニア)の途中棄権により初戦を突破した。チョンから4-6 7-6(6) 6-0 2-0の時点でベランキスがリタイアした。試合時間は2時間38分。

 全米に2年連続3回目の出場となるチョンは、2度の2回戦進出(2015年、17年)がこれまでの最高成績。昨年は2回戦で、ジョン・イズナー(アメリカ)に3-6 4-6 5-7で敗れていた。

 チョンは2回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)のノア・ルビン(アメリカ)を6-3 6-1 4-6 7-6(3)で破って勝ち上がったミカエル・ククシュキン(カザフスタン)と対戦する。

 そのほかの試合では、2014年覇者で第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)、第12シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、第26シードのリシャール・ガスケ(フランス)、ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)らが2回戦に駒を進めた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

男子シングルス1回戦|主な試合結果

○65マリン・チリッチ(クロアチア)[7] 7-5 6-1 1-1 Ret. ●66マリウス・コピル(ルーマニア)

○68ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)[Q] 6-2 2-6 7-6(6) 3-0 Ret. ●67ステファノ・トラバグリア(イタリア)[Q]

○76ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)7-6(2) 6-4 6-3 ●75ティム・スマイチェク(アメリカ)[WC]

○100テニス・サングレン(アメリカ)6-3 6-4 6-2 ●99ビクトル・トロイツキ(セルビア)

○101ラスロ・ジェレ(セルビア)6-4 6-4 4-6 2-1 Ret. ●102レオナルド・メイヤー(アルゼンチン)

------

○104リシャール・ガスケ(フランス)[26] 6-3 6-1 6-3 ●103杉田祐一(日本/三菱電機)

○109ジョアン・ソウザ(ポルトガル)6-2 6-2 6-3 ●110マルセル・グラノイェルス(スペイン)[Q]

○112パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)[12] 7-5 6-2 6-2 ●111マレク・ジャジリ(チュニジア)

○116ジョン・ミルマン(オーストラリア)6-4 6-2 6-0 ●115ジェンセン・ブルックスビー(アメリカ)[WC]

○117ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)6-3 6-1 4-6 7-6(3) ●118ノア・ルビン(アメリカ)[WC]

○120チョン・ヒョン(韓国)[23] 4-6 7-6(6) 6-0 2-0 Ret. ●119リカルダス・ベランキス(リトアニア)

※写真はチョン・ヒョン(韓国)
NEW YORK, NY - AUGUST 28: Hyeon Chung of South Korea returns the ball during his men's singles first round match against Ricardas Berankis of Lithuania on Day Two of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 28, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.