「イントラム ストックホルム・オープン」(スウェーデン・ストックホルム/10月15~21日/賞金総額68万6080ユーロ/室内ハードコート)のシングルス1回戦で、ダニエル太郎(エイブル)はルーカス・ラッコ(スロバキア)に1-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間7分。

 今大会に初出場となるダニエルは、ATPツアーで今季8度目の初戦敗退を喫した。ラッコとは今回が初対戦だった。

 ラッコは2回戦で、第2シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)と対戦する。上位4シードは1回戦がBYE(免除)となっており、2回戦からの登場となる。

 ダニエルはマクミリアン・マルテレル(ドイツ)とのペアでダブルスにもエントリーしており、初戦の対戦相手はルーク・バンブリッジ/ジョニー・オマラ(ともにイギリス)となっている。

 イントラム ストックホルム・オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

上位出場選手シード順位|シングルス

ジョン・イズナー(アメリカ)[1]
ファビオ・フォニーニ(イタリア)[2]
ステファノス・チチパス(ギリシャ)[3]
ジャック・ソック(アメリカ)[4]

※[ ]数字はシード順位

※写真は楽天ジャパンオープンでのダニエル太郎(エイブル)
CHOFU, JAPAN - OCTOBER 02: Daniel Taro of Japan plays a forehand in his match against Stefanos Tsitsipas of Greece on day two of the Rakuten Open at Musashino Forest Sports Plaza on October 2, 2018 in Chofu, Tokyo, Japan. (Photo by Matt Roberts/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.