「イントラム ストックホルム・オープン」(ATP250/スウェーデン・ストックホルム/10月15~21日/賞金総額68万6080ドル/室内ハードコート)のシングルス決勝で、第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)がエルネスツ・グルビス(ラトビア)を6-4 6-4で倒し、ATPツアーでタイトルを獲得した最初のギリシャ人テニスプレーヤーとなった。

 20歳のチチパスは、1時間21分の戦いでグルビスが最後のフォアハンドをネットにかけたとき、ラケットを宙に投げ、両手を頭に当てた。

 チチパスは、これに先立つ2つの決勝で、いずれもラファエル・ナダル(スペイン)に敗れていた。世界ランク145位のグルビスはナダルよりも容易な相手だったとはいえ、チチパスはサービスからのポイントの80%を取り、一度もサービスをブレークされることはなかった。

「もちろん、幸せだよ。僕は(ATPタイトルを獲得した)最初のギリシャ人なんだからね」と世界ランク16位のチチパスは言った。彼は今年のATPツアーで12人目の初優勝者となった。

「多くのギリシャ人選手が、こういったことを達成できればいいなと思う。将来的に、ギリシャ人たちがこういったこと成し遂げるところを目にできたら、僕は超幸せだ」

 グルビスはここまで、ATPツアーでプレーした6つの決勝のすべてで勝っていた。彼は準決勝で第1シードのジョン・イズナー(アメリカ)を倒して勝ち上がり、2014年以来の決勝進出を決めていた。

 最後に敗れはしたが、グルビスにとっては素晴らしい1週間だった、彼はストックホルムにやってくる前には、今季ツアーレベルで4勝しかしていなかったのだ。

「彼(チチパス)は本当にいい試合をした。素晴らしい週を送ったよ」とグルビスは言った。

「ツアーで初めてタイトルを獲るという経験が、大きなことだというのは僕も知っている。だから楽しむといい。これが最後のタイトルでないよう願っているよ」(C)AP(テニスマガジン)

※写真はステファノス・チチパス(ギリシャ)、10月11日に上海で撮影
SHANGHAI, CHINA - OCTOBER 11: Stefanos Tsitsipas of Greece reacts in the match against Kevin Anderson of Republic of South Africa during the Third Round Men's Singles match in the 2018 Rolex Shanghai Masters at Qi Zhong Tennis Centre on October 11, 2018 in Shanghai, China. (Photo by Kevin Lee/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.