「ASBクラシック」(ATP250/ニュージーランド・オークランド/1月7~12日/賞金総額58万9680ドル/ハードコート)の男子ダブルス準々決勝で、マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)がマーカス・ダニエル(ニュージーランド)/ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)に7-6(4) 7-6(5)で競り勝ち、ベスト4進出を果たした。試合時間は1時間27分。

 ストルフとマクラクランのコンビは、今季2度目のダブルス出場。前週のブリスベン(ATP250/ハードコート)では、準々決勝でジョン・ミルマン/ジョン パトリック・スミス(ともにオーストラリア)に6-7(5) 4-6で敗れていた。

 今大会でのマクラクラン/ストルフは、1回戦で第4シードのルーカシュ・クボト(ポーランド) /ホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)を7-6(5) 2-6 [10-7]で破って勝ち上がっていた。

 シングルスにも出場していたストルフはこの日行われた準々決勝で、第4シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を7-6(5) 6-7(6) 7-6(7)で倒して4強入りを決めていた。

 マクラクラン/ストルフは準決勝で、第1シードのオリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)と対戦する。マラック/パビッチは準々決勝で、ヘンリー・コンティネン(フィンランド)/フレデリック・ニールセン(デンマーク)を6-3 7-6(4)で下しての勝ち上がり。

※写真は楽天ジャパンオープンでのマクラクラン勉(右)/ヤン レナード・ストルフ
撮影◎菅原淳

This article is a sponsored article by
''.