ATPツアー公式戦の「アルゼンチン・オープン」(ATP250/アルゼンチン・ブエノスアイレス/2月11~17日/賞金総額67万3135ドル/クレーコート)のシングルス2回戦で、前年覇者で第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)がパブロ・クエバス(ウルグアイ)を4-6 6-4 6-3で下し、ベスト4に進出した。

 ティームは準決勝で、第4シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦する。地元の人気者でもあるシュワルツマンは、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)を6-1 7-5で破って勝ち上がった。

 もうひとつの準決勝は、第3シードのマルコ・チェッキナート(イタリア)とギド・ペラ(アルゼンチン)の対戦となった。

 チェッキナート(イタリア)がロベルト・カルバレス バエナ(スペイン)を7-6(3) 6-4で倒し、ペラはジャウメ・ムナール(スペイン)に6-7(3) 7-6(9) 6-1で競り勝った。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はドミニク・ティーム(オーストリア)
BUENOS AIRES, ARGENTINA - FEBRUARY 15: Dominic Thiem of Austria takes a backhand shot against Pablo Cuevas of Uruguay during the Argentina Open ATP 250 2019 at Buenos Aires Lawn Tennis Club on February 15, 2019 in Buenos Aires, Argentina. (Photo by Marcelo Endelli/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.