ATPツアー公式戦の「アビエルト・メキシカーノ・テルセル」(ATP500/メキシコ・アカプルコ/2月25日~3月2日/賞金総額193万1110ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、ニック・キリオス(オーストラリア)がスタン・ワウリンカ(スイス)を7-5 6-7(3) 6-4で倒し、ベスト4進出を果たした。

 水曜日の夜に行われた2回戦で、キリオスは3つのマッチポイントを凌いで第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)を3-6 7-6(2) 7-6(6)で破っていた。

 キリオスは準決勝で、第3シードのジョン・イズナー(アメリカ)と対戦する。イズナーはこの最後の試合で、第8シードのジョン・ミルマン(オーストラリア)に7-6(2) 6-7(4) 7-6(4)で競り勝った。

 キャリア通算4勝を挙げているキリオスは、すべてのタイトルをハードコートで獲得している。

 もうひとつの準決勝は、第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)とキャメロン・ノリー(イギリス)の顔合わせとなった。

 ズベレフが第5シードのアレックス・デミノー(オーストラリア)を6-4 6-4で下し、ノリーはマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)を6-3 6-2で退けた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はニック・キリオス(オーストラリア)
ACAPULCO, MEXICO - FEBRUARY 28: Nick Kyrgios of Australia serves during the quarterfinals match between Nick Kyrgios of Australia and Stan Wawrinka of Switzerland as part of the day 4 of the Telcel Mexican Open 2019 at Mextenis Stadium on February 28, 2019 in Acapulco, Mexico. (Photo by Hector Vivas/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.