ATPツアー公式戦の「マイアミ・オープン」(ATP1000/アメリカ・フロリダ州マイアミ/3月20~31日/賞金総額931万4875ドル/ハードコート)の男子シングルス準決勝で、ロジャー・フェデラー(スイス)とジョン・イズナー(アメリカ)がともに勝利をおさめ、決勝に駒を進めた。

 アメリカンフットボールのスタジアムで、いつもと違った日曜日の大一番が行われる。フェデラーがイズナーと対戦するのだ。この大会の会場は今年から、慣れ親しまれたキービスケーンから、ドルフィンズの施設に移転していた。

 第4シードのフェデラーは、19歳で第20シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)を6-2 6-4で倒し、“年齢差対決”となった準決勝を支配した。

 前年覇者で第7シードのイズナーも、18歳で予選から勝ち上がってきたフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)を7-6(3) 7-6(4)で振り切った。

 決勝に進出したベテランふたりともが、ここ1週間に渡って非常によいプレーを見せてきたことから見て、この新会場を気に入っていることだろう。

「会場は、まったく素晴らしい」とアメフトの大ファンであるイズナーは言った。

「来年スーパーボールがここで行われる…そのスタジアムでプレーするというのは、かなりすごいことだよ」

 双方の試合で会場は生き生きと沸き立ち、両試合ともに経験が若さに勝った。シャポバロフとの年齢差は、37歳のフェデラーにとってキャリア最大のものだった。フェデラーは多彩なショットを駆使し、早い段階でふたつのブレークを果たすことで試合の舵を握った。

「これは僕にとって、戦術的な試合だった。バリエーションをつけてプレーすることができたことを、うれしく思う」とフェデラーは振り返った。

 この結果でフェデラーは、今年の戦績を17勝2敗とした。今月のインディアンウェルズ決勝でドミニク・ティーム(オーストリア)に敗れていた彼は今、マイアミで4度目のタイトル獲得を目指すことになる。

 決勝で対戦する両者の対戦成績はフェデラーが5勝2敗でリードしているが、ふたりは2015年以来顔を合わせていない。33歳のイズナーは、1年前のキービスケーンでキャリア唯一のATPマスタ―ズ1000のタイトルを獲得している。

「素晴らしいよ」とイズナーは準決勝での勝利のあと、観客たちに向かって語った。

「大会前、僕は自分がおそらくタイトルを防衛をしないだろうという見込みを語った…だけど今、こうして決勝に至ることができて本当にうれしいよ」

 身長208cmのイズナーは、この準決勝で21本のサービスエースを記録し、これで今大会での5試合を通してのサービスエースの数は98本になった。

 フェデラーは笑いながら、砲撃に備えて身構えるよと言った。

「何を予想すべきかはわかっている。日曜日に僕はゴールキーパーになって、ベストを尽くすつもりだよ」とフェデラーはコメントした。

 土曜日の女子決勝は、第5シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と第12シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)の顔合わせで行われる。

 今大会最大の観客動員数が記録された試合で、観客たちはフェデラーがシャポバロフに対してレパートリーのすべてを披露するところを見た。

 踏み込んで突くボレー、やはりウィナーとなったハーフボレーのドロップショット、ラケットをストリングが顔の前に来る形で旗のように立てて打った巧みなチップショット的リターンなど、フェデラーは数々のテクニックを繰り出した。

「彼は、すべてのショットをマスターしている」フェデラーを自分のアイドルとみなしているシャポバロフは試合後に語った。

「あるショットを必要としているとき、彼はそれを打ちにいき、見事にやってのける。彼に何か弱点があるとは思えないよ」

 この敗戦にも関わらず、シャポバロフは来週のATPランキングでキャリア最高の20位に浮上することになる。

「デニスは素晴らしいプレーヤーだ」とフェデラーは賛辞を返した。

「そして彼は将来、いっそう優れた選手となることだろう」(C)AP(テニスマガジン)

※写真は準決勝で対戦したロジャー・フェデラー(スイス/左)とデニス・シャポバロフ(カナダ/右)
MIAMI GARDENS, FLORIDA - MARCH 29: Roger Federer of Switzerland meets Denis Shapovalov of Canada after defeating him during day 12 of the Miami Open presented by Itau at Hard Rock Stadium on March 29, 2019 in Miami Gardens, Florida. (Photo by Al Bello/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.