ITF(国際テニス連盟)の女子ツアー下部大会「久留米市ユー・エス・イーカップ国際女子テニス」(ITFワールドテニスツアーW60/福岡県久留米市・新宝満川地区テニスコート/5月13~19日/賞金総額6万ドル/砂入り人工芝コート)の大会最終日に行われたシングルス決勝で、第4シードのレベッカ・マリノ(カナダ)が予選から勝ち上がってきた内藤祐希(TEAM YONEZAWA)を6-4 7-6(0)で下し、今季初優勝を果たした。試合時間は1時間23分。

 28歳のマリノがITFツアーのシングルスでタイトルを獲得したのは、昨年9月のラボック(ITF2.5万ドル/ハードコート)以来で通算11勝目となる。

 両者は今回が初対戦。18歳の内藤がITFツアーのシングルスで決勝に進出したのは今回が5度目で1勝を挙げているが、過去4回はいずれも1.5万ドルの大会だった。

 今大会でのマリノは、1回戦で予選勝者の宮本愛弓(ローズヒルテニスクラブ)を7-5 6-2で、2回戦で今西美晴(島津製作所)を6-3 6-4で、準々決勝で第1シードのヘザー・ワトソン(イギリス)を7-5 6-2で、準決勝では第7シードのケイラ・マクフィー(オーストラリア)を6-3 6-2で破って決勝進出を決めていた。

シングルス決勝

○9レベッカ・マリノ(カナダ)[4] 6-4 7-6(0) ●22内藤祐希(TEAM YONEZAWA)[Q]

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

※写真はシングルス優勝のレベッカ・マリノ(カナダ/右)と準優勝の内藤祐希(TEAM YONEZAWA/左)
写真提供◎大会事務局
撮影◎藤井 稔(大会Official Photographer)

This article is a sponsored article by
''.