今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)の男子シングルス4回戦で、第7シードの錦織圭(日清食品)がブノワ・ペール(フランス)と対戦。錦織がセットカウント1-1で迎えた第3セットを奪い、6-2 6-7(8) 6-2としたところで日没順延となった。ここまでの試合時間は2時間1分。

 両者の過去の対戦成績は、6勝2敗で錦織がリード。ロラン・ギャロスでは過去2度対戦しており、2013年の3回戦は6-3 6-7(3) 6-4 6-1で、昨年の2回戦では6-3 2-6 4-6 6-2 6-3で、いずれも錦織が勝っている。

 全仏に7年連続9度目の出場となる錦織は、2014年と17年のベスト8がこれまでの最高成績。昨年は4回戦で、ドミニク・ティーム(オーストリア)に2-6 0-6 7-5 4-6で敗れている。

 今大会での錦織は、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したカンタン・アリス(フランス)を6-2 6-3 6-4で、2回戦でジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)を4-6 6-4 6-4 6-4で、3回戦では第31シードのラスロ・ジェレ(セルビア)を6-4 6-7(6) 6-3 4-6 8-6で破って16強入りを決めていた。

 今シーズンの錦織は、開幕戦のブリスベン(ATP250/ハードコート)で約3年ぶりにタイトルを獲得してツアー決勝での連敗を「9」でストップし、オーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)では3年ぶり4度目の8強入りを果たした。

 この試合の勝者は準々決勝で、ディフェンディング・チャンピオンで第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。ナダルは4回戦で、フアン イグナシオ・ロンデロ(アルゼンチン)を6-2 6-3 6-3で下しての勝ち上がり。

※写真は第3セットを終えた錦織圭(日清食品/左)とブノワ・ペール(フランス/右)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.