WTAツアー公式戦の「ネイチャーバレー・オープン」(イギリス・ノッティンガム/6月10~16日/賞金総額25万ドル/グラスコート)のダブルス1回戦で、第4シードの二宮真琴(橋本総業ホールディングス)/レナタ・ボラコバ(チェコ)はデジレイ・クラブチェク(アメリカ)/ジュリアーナ・オルモス(メキシコ)に3-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間2分。

 試合は雨天により、室内ハードコートで行われた。

 2シーズンぶりにペアを組んだボラコバと二宮は、今大会が10回目のダブルス出場。2017年のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)では、このコンビで4強入りを果たしていた。

 クラブチェク/オルモスは準々決勝で、ワイルドカード(主催者推薦枠)のサラ ベス・グレイ/エデン・シルバ(ともにイギリス)と対戦する。グレイ/シルバは1回戦で、コーネリア・リスター(スウェーデン)/サブリナ・サンタマリア(アメリカ)を4-6 7-5 [10-3]で下しての勝ち上がり。

 そのほかの日本勢は、加藤未唯(ザイマックス)がシャロン・フィッチマン(カナダ)とのペアでダブルスに出場しており、初戦の対戦相手はモニカ・ニクレスク/エレナ ガブリエラ・ルセ(ともにルーマニア)となっている。

 ネイチャーバレー・オープンはWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

上位出場選手シード順位|シングルス

カロリーヌ・ガルシア(フランス)[1]
ドナ・ベキッチ(クロアチア)[2]
ユリア・プティンセバ(カザフスタン)[3]※胃腸疾患により欠場
マリア・サカーリ(ギリシャ)[4]

※[ ]数字はシード順位

※写真は2017年のウインブルドンでの二宮真琴(右)/レナタ・ボラコバ
撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA

This article is a sponsored article by
''.