•  ATPツアー公式戦の「名誉の殿堂オープン」(ATP250/アメリカ・ロードアイランド州ニューポート/7月15~21日/賞金総額65万2245ドル/グラスコート)のシングルス決勝で、第1シードのジョン・イズナー(アメリカ)が第7シードのアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)を7-6(2) 6-3で倒し、優勝を遂げた。

     イズナーはのしのしとネットに向かい、灼熱のグラスコート上で転んだため勝負を決めた自分のフォアハンドがダウン・ザ・ラインに決まったところを見ることができなかった。彼は強烈なサービスとよいパッシング・ショットを使い、対戦相手がマッチポイントで見せた“型破りなサービス”のあと猛暑に打ち勝って、ニューポートでは4度目となるタイトルを獲得した。

    「彼がアンダーサーブを打つという予感がしたんだよ。僕には準備ができていた」

     身長208cmのイズナーは、ぱっと笑みを浮かべるとこう言った。

    「実のところ、ボールが落ちたところは見ていないんだ。顔が地面の上にあったからね。ただ、かなりうまく打ったという手ごたえはあり、それから観客の歓声が始まったのを聞いた」

     試合を通して何本ものアンダーサーブ、チップショット、スライスを混ぜてきたクリエイティブな対戦相手に対し、34歳のイズナーはATPツアーで総じて15勝目となるタイトルを獲得した。彼は2011年、12年、17年大会でも優勝しており、今大会で4度の優勝を遂げた史上初の選手となった。

    「彼は間違いなく興味深い男で、彼独特のプレー法を擁している」とイズナーはブブリクについてコメントした。

    「彼はちょっぴり奇特な選手だと言ったけど、それはいい意味でだよ」

     22歳のブブリクにとって、これは初のATPツアー決勝だった。

     試合は気温約30度、体感温度35度という暑さの中、太陽の照りつけるコート上でスタートした。試合時間は総じて1時間15分だった。

    「この暑さの中では2セットでもすごく厳しいよ」とイズナーは振り返った。彼はこの大会を、世界ランク15位として始めた。

    「今さらながら思うが、3セットにもつれなくて本当によかったよ」

     今週2度目のブレークを許して5-6とリードされたイズナーは次のゲームでブレークバックし、第1セットをタイブレークに持ち込んでいた。

    「ブレークを果たしたら、自分はサービスゲームをキープしなきゃいけない」とブブリクはイズナーの強烈なサービスと相対することについて語った。

    This article is a sponsored article by
    ''.