今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月26日~9月8日/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、第8シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した17歳のキャサリン・マクナリー(アメリカ)を5-7 6-3 6-1で倒し、ベスト32に進出した。試合時間は1時間54分。

 この日は雨天のため、試合はアーサー・アッシュ・スタジアムの屋根を閉じた状態で行われた。

 全米に2年連続19回目の出場となる37歳のセレナは、過去6度(1999年、2002年、08年、12年~14年)の優勝経験がある。昨年は決勝で大坂なおみ(日清食品)と対戦したが、2-6 4-6で敗れて準優勝に終わっていた。

 セレナは次のラウンドで、第29シードのシェイ・スーウェイ(台湾)とカロリーナ・ムチョバ(チェコ)の勝者と対戦する。

 ルイ・アームストロング・スタジアムのナイトセッションの試合では、第2シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)がローレン・デービス(アメリカ)を6-2 7-6(2)で下して2回戦を突破した。

 そのほか屋根のない外のコートで予定されていた試合はすべて中止となり、翌日に延期されることが決まっていた。

USオープン2019|トーナメント表

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

女子シングルス2回戦|主な試合結果

○97セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)[8] 5-7 6-3 6-1 ●99キャサリン・マクナリー(アメリカ)[WC]

○128アシュリー・バーティ(オーストラリア)[2] 6-2 7-6(2) ●125ローレン・デービス(アメリカ)

※写真はセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)
NEW YORK, NEW YORK - AUGUST 28: Serena Williams of the United States reacts during her Women's Singles second round match against Catherine McNally of the United States on day three of the 2019 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 28, 2019 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Katharine Lotze/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.