国内最大のジュニア国際大会「大阪市長杯 世界スーパージュニアテニス選手権大会」(ITFグレードA/大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/本戦10月14~20日/ハードコート)の本戦4日目は、男女シングルス3回戦と男女ダブルス準々決勝が行われた。

 女子シングルスの日本勢は、第2シードの川口夏実(日本)が第15シードのマーラ・グース(ドイツ)に1-6 3-6で、今村咲(パブリックテニス小倉)は第7シードのマイ ナパット・ニランドン(タイ)に6-3 3-6 0-6で敗れ、ベスト8に進むことができなかった。

 川口はディアンヌ・パリー(フランス)とのコンビで第1シードで出場しているダブルスで勝ち残っており、勝見幸璃(MAT Tennis Academy)/山口藍(高崎テニスクラブ)とともに準決勝進出を決めた。

 世界スーパージュニアテニス選手権大会は年間9大会行われる国際ジュニア大会で最高レベルの『グレードA』の大会で、男女シングルス各64ドロー、男女ダブルス各32ドローで争われる。

 10月18日(金)は10時00分から、男女シングルス準々決勝と男女ダブルス準決勝が行われる予定。

大阪市長杯 2019 世界スーパージュニアテニス選手権大会|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

女子シングルス3回戦

○1ディアンヌ・パリー(フランス)[1] 6-1 6-1 ●5アリナ・グランベーア(スイス)

○15ヤン・ヤーイー(台湾)6-3 4-6 6-1 ●11ミア・レパッチ(オーストラリア)

○24エリカ・アンドレーワ(ロシア)[13] 7-5 6-4 ●17プリスカ マデリン・ヌグロホ(インドネシア)[3]

○32マイ ナパット・ニランドン(タイ)[7] 3-6 6-3 6-0 ●28今村咲(パブリックテニス小倉)

------

○38プンニン・コバピクテッド(タイ)6-2 7-6(1) ●33ホン イ コディ・ウォン(香港)[5]

○48アレクサンドラ・エアラ(フィリピン)[4] 6-1 6-3 ●41ディアナ・シュナイダー(ロシア)[14]

○56マリア・ボンダレンコ(ロシア)[9] 6-0 7-5 ●50クララ・ミルセビッチ(スウェーデン)

○57マーラ・グース(ドイツ)[15] 6-1 6-3 ●64川口夏実(日本)[2]

女子ダブルス準々決勝

○1川口夏実/ディアンヌ・パリー(日本/フランス)[1] 6-3 5-7 [10-8] ●7マーラ・グース/ユリア・ミッデンドルフ(ドイツ)

○16バイ・ズオシャン/ヤン・ヤーイー(中国/台湾)[5] 7-5 3-6 [10-5] ●10今村咲/プンニン・コバピクテッド(パブリックテニス小倉/タイ)

○24マリア・ボンダレンコ/マイ ナパット・ニランドン(ロシア/タイ)[4] 7-6(5) 6-4 ●17ファティマ イングリッド アマルサ・ケイタ/アンジェリーナ・ヴィルゲス(ルーマニア/ドイツ)[6]

○27勝見幸璃/山口藍(MAT Tennis Academy/高崎テニスクラブ)7-5 6-3 ●31伊藤汐里/新見小晴(グリーンテニスプラザ/柳生園TC)

画像: 女子シングルス3回戦で敗れた今村咲(パブリックテニス小倉)(撮影◎宮原和也 / KAZUYA MIYAHARA)

女子シングルス3回戦で敗れた今村咲(パブリックテニス小倉)(撮影◎宮原和也 / KAZUYA MIYAHARA)

※写真は女子シングルス3回戦で対戦したマーラ・グース(ドイツ/右)と川口夏実(日本/左)
撮影◎宮原和也 / KAZUYA MIYAHARA


This article is a sponsored article by
''.