日本テニス協会(JTA)が主催する「U-15全国選抜ジュニアテニス選手権大会(第38回 中牟田杯)」(福岡県福岡市・東平尾公園博多の森テニス競技場/10月29日~11月3日/砂入り人工芝コート)は最終日を迎え、男女単複の決勝と3位決定戦が行われた。

 男子シングルス決勝は第4シードの三好健太(関東/桜田倶楽部)が第2シードの丹下颯希(四国/新田高)を7-6(4) 6-2で、女子シングルス決勝は第6シードの石井さやか(関東/TEAM YONEZAWA)が第1シードの伊藤あおい(東海/チェリーTC)を6-3 6-3で破り、それぞれ優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝はノーシードから勝ち上がってきた丹下/薦田直哉(四国/HIROテニスカレッジ)が第1シードの中島暁/眞田将吾(北信越:エムスタイルテニスアカデミー/東海:三重グリーンTC)を4-6 7-6(0) [10-8]で、ノーシード同士の対戦となった女子ダブルス決勝は新竹藍/駒田光音(東海:名東高/愛知啓成高)が小池芽衣/櫻田しずか(東海:アクトスポーツクラブ/アイテニスクラブ)を6-2 6-3で下してタイトルを獲得した。

 この大会は全国各地域から選抜された男女各64名のシングルスと48組のダブルスのトーナメント戦で争われる15歳以下のチャンピオン決定戦で、来年度のジュニアデビスカップおよびジュニアフェドカップ・アジア/オセアニア予選の日本代表候補選手の選考会を兼ねている。

2019年ジュニア全国大会表彰写真|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Ret.は途中棄権

男子シングルス決勝

○17三好健太(関東/桜田倶楽部)[4] 7-6(4) 6-2 ●64丹下颯希(四国/新田高)[2]

女子シングルス決勝

○49石井さやか(関東/TEAM YONEZAWA)[6] 6-3 6-3 ●1伊藤あおい(東海/チェリーTC)[1]

男子シングルス3位決定戦

○森田皐介(関東/一筆テニスクラブ)[1] 7-5 6-3 ●大沼広季(関東/リバーTS)[6]

女子シングルス3位決定戦

○長谷川晴佳(九州/テニスDIVO)[5] 1-6 7-6(1) Ret. ●早重果波(関東/あじさいMTCアカデミー)[16]

男子ダブルス決勝

○54丹下颯希/薦田直哉(四国:新田高/HIROテニスカレッジ)4-6 7-6(0) [10-8] ●1中島暁/眞田将吾(北信越:エムスタイルテニスアカデミー/東海:三重グリーンTC)[1]

女子ダブルス決勝

○30新竹藍/駒田光音(東海:名東高/愛知啓成高)6-2 6-3 ●44小池芽衣/櫻田しずか(東海:アクトスポーツクラブ/アイテニスクラブ)

男子ダブルス3位決定戦

○原﨑朝陽/水口翔瑛(関西:テニスプラザ尼崎/清風高)[8] 7-6(8) 6-1 ●中村右京/佐藤駿弥(東北:まつぞのスポーツクラブ/ダンロップ泉パークタウンTC)

女子ダブルス3位決定戦

○宮本雪凪/間宮万結(東海:関高/岐阜商業高)[10] 1-6 6-3 [12-10] ●堀江菜実/宮原千佳(九州:キングフィッシャー/ドリームTS)[9]

画像: 男子ダブルス優勝の丹下颯希(左)/薦田直哉(四国:新田高/HIROテニスカレッジ)(写真提供◎九州テニス協会)

男子ダブルス優勝の丹下颯希(左)/薦田直哉(四国:新田高/HIROテニスカレッジ)(写真提供◎九州テニス協会)

画像: 女子ダブルス優勝の新竹藍(右)/駒田光音(東海:名東高/愛知啓成高)(写真提供◎九州テニス協会)

女子ダブルス優勝の新竹藍(右)/駒田光音(東海:名東高/愛知啓成高)(写真提供◎九州テニス協会)

※トップ写真はシングルス優勝の三好健太(関東/桜田倶楽部:左)と石井さやか(関東/TEAM YONEZAWA:右)
写真提供◎九州テニス協会

This article is a sponsored article by
''.