3月6日(金)、7日(土)に兵庫県三木市で行われる男子テニス国別対抗戦「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ予選」、日本対エクアドルに出場する日本代表メンバーが日本テニス協会より発表された。

選手

錦織 圭(日清食品)
西岡良仁(ミキハウス)
内山靖崇(北日本物産)
添田 豪(GODAI)
マクラクラン勉

監督

岩渕 聡(公益財団法人日本テニス協会)

 昨年のデビスカップは、予選ラウンドの中国戦(2019年2月1、2日/中国・広州:広州オリンピックテニスセンター/ハードコート)に3勝2敗で勝利して、同年11月のファイナルズに進出した日本だが、ラウンドロビン(グループ内総当たり戦)ではフランスとセルビアに敗れ、グループ最下位だった。

 一方、エクアドルはアメリカ地区グループⅠ(2019年9月14、15日/アメリカ・フロリダ州ドラル/ハードコート)でベネズエラを4勝0敗で下し、2020年ファイナルズ予選進出を決めていた。

 日本とエクアドルは、今回が初対戦となる。

 なお、この対戦は、新型コロナウイルス感染拡大にともない、選手、観客の安全を考慮した大会運営を日本テニス協会(JTA)と国際テニス連盟(ITF)が協議しており、内容が決まり次第、追って発表される予定。

※写真は左からマクラクラン勉、内山、錦織、西岡、添田(Getty Images)

テニスマガジン

部員限定記事|テニマガ・テニス部


This article is a sponsored article by
''.