私がテニマガ・テニス部で担当させていただいている部活『スイングの加速と効率的テニス』で行っているフォアハンドストロークを、通常のレッスンにも落とし込んでいます。今回は挑戦シリーズ第四弾です。

第一弾から第三弾はこちらです。

元ソフトテニス・チャンピオンの中野目和也さんに、両手でセットし、コンパクトな構えから骨盤主導でスイングする、硬式テニスの最新の打ち方をやってもらいました。

硬式テニスとソフトテニスの大きな違いはテークバックです。ソフトテニスの場合、腕を伸ばして、大きく振りかぶってからスイングをしています。

詳しくは動画をご覧ください。

画像: 挑戦シリーズ 中野目和也さん youtu.be

挑戦シリーズ 中野目和也さん

youtu.be

中野目さんは7月5日に行われた福島県選手権男子35才以上の部で見事、優勝されました。おめでとうございます!! 


This article is a sponsored article by
''.